« AKB48の峯岸みなみさん総選挙出馬に思う | トップページ | はなまつり »

2013年4月 8日 (月)

4月8日

4月8日はおしゃかさまがお生まれになった日といわれています。

おしゃかさまは生まれてすぐに片手は地面を、もう片手は天を指して、「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)と言われたという伝説があります。

「この世で私ほど尊いものはいない」という意味です。

それは「おしゃかさまは尊い存在」だからと仏教を信じる人々はすんなりと思うかもしれません。

でも、この言葉を深く考えると、おしゃかさまは自分だけが尊いということを言われたのではないでしょう。

つまり、だれもが尊いということです。

だれでもって、この自分もか?

そうです。でも隣の人も、目の前の人も、すれちがう人も、いや人だけでなくすべてがでしょう。

私たちは、誰々は大切だの、好きだの、必要だの、あるいは、あの人はいらないだの、いなくてもいいだの、きらいだのと勝手な「価値」をつくっています。

でも、その価値って、たった自分でしか通じないものです。

例えば、自分が勝手につくったお金のようなもの。

紙に1万円って書いても、どこのお店でもお金として扱ってくれませんね。もし、あなたが紙に1万円って書いて、そんなのを店員さんに渡したら、「お客さん、冗談がお好きですね」と言われるか、「バカにしているのか」って怒られますね。

そういうものです。「あの人好き」「あいつ嫌い」「あの人いらない」っていうのは。

いくら本気でも自分の中でしか通じない価値なんです。

« AKB48の峯岸みなみさん総選挙出馬に思う | トップページ | はなまつり »

宗教・生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/50842930

この記事へのトラックバック一覧です: 4月8日:

« AKB48の峯岸みなみさん総選挙出馬に思う | トップページ | はなまつり »

無料ブログはココログ