« 酒井雄哉大阿闍梨様、ご遷化 3 | トップページ | 酒井雄哉大阿闍梨様、ご遷化 5 »

2013年9月26日 (木)

酒井雄哉大阿闍梨様、ご遷化 4

私はこれまで阿闍梨様からお話を伺う機会に恵まれましたが、そのお話は、説教がましさがなく、ご自身の体験に基づいたものが多かったように思われます。

そして、過酷な修行で有名な千日回峯行を2度も満行されたにもかかわらず、ご自身については偉い存在、稀有な存在、優秀な存在、努力の人といった持ち上げはなく、自慢話はされなかったように記憶しています。

むしろ、在学中も「劣等生」で、社会に出ても「何をやってもうまくいかない」、そんな存在だったと飄々と面白く語られるのに最初の頃は驚くくらいでした。

社会に出られてからも、職を転々とされ、荻窪でラーメン屋を開業するも火事(放火という話もあります)を起こしました。失敗の連続だったと想像します。

まして、結婚されて2ヶ月目には奥さんが自ら命を絶つという経験も。

その後に僧侶になり、記録に残るには3人しかいないという千日回峯行の2度の満行。ついに「生き仏」とさえ尊敬される存在に。

普通に考えても、僧侶になられるまでも壮絶な経験をされたと思います。まして、修行に入られてからは命懸けのはず。しかし、ご本人は全くその栄誉を自慢もしないし、むしろ、ご自身をさらけ出しておられました。

その逆のタイプの宗教家?はいます。学歴を自慢したり、小学校の時から優秀だったと言ったり、女性にもてたと誇ったり、さらには身につけている時計などを自慢したり、と。

とかくそういう俗物顔負けの人になりがちですが、阿闍梨様をそんな人と比べるのも申し訳ないくらいに、全くご自身のことを誇りはしませんでした。

ご高齢になられても毎朝水行をされていたと聞いたことがあります。

まだ整理ができていませんが私自身が伺ったことはあります。何からご紹介したら良いのかわかりませんが、時折、このブログでご紹介できたらと思います。

« 酒井雄哉大阿闍梨様、ご遷化 3 | トップページ | 酒井雄哉大阿闍梨様、ご遷化 5 »

宗教・生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/53394251

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井雄哉大阿闍梨様、ご遷化 4:

« 酒井雄哉大阿闍梨様、ご遷化 3 | トップページ | 酒井雄哉大阿闍梨様、ご遷化 5 »

無料ブログはココログ