« 福島市長選 2 | トップページ | サイゼリヤ価格据え置きに思う »

2013年11月19日 (火)

日本郵便、大丈夫か?

これまでワタミ、ユニクロ、秋田書店などの企業としてのブラックさを追及してきたが、今回は「日本郵便」。ちなみに私は「日本郵便」が好き。というのは、何もその企業が好きというよりも、小学生から切手収集をしてきたから。それで親しみがあります。

この「日本郵便」が11月19日のTBS系の情報番組『朝ズバッ』で、いわゆる「自爆営業」が取り上げられていました。

「自爆営業」とは社員が年賀状や贈答用小包などの売り上げのノルマを課せられ、そのノルマを「達成」させるために、例えば、自分で買い取るとか、金券ショップに持ち込んで差額の損失を自腹で補うとかをいいます。

年賀状10000枚がノルマなんて、こなせるはずがありません。

例えば一人で100枚の年賀状を出すとして、100人。そんなに売りさばけるはずがありません。

それで社員はノルマを達成しないと、怒鳴られたり、一筆を書かされたりするものだから、自腹で買い取り、あるいは年賀状を金券ショップに持ち込むのです。

これが問題になると、日本郵便は「金券ショップに持ち込むのはコンプライアンス違反。だから、そういうことをしないように通達を出しました」と。

バカなことは言わないで下さい。金券ショップに持ち込ませないではなく、金券ショップに持ち込まないで済むようにしなさい。それが日本郵便の経営陣のやることでしょう。

社員をそこまで追い込んで、そういうことはしてはいけません、とよくも言えたものです。

思えば、私も以前、郵便局に勤めていた知人から、「お金はこちらで持ちますので、クリスマスプレゼントを娘の名前で送らせてください」と。その後、「お金はこちらで持つので、私の娘からのバレンタインのプレゼントとしてチョコを送らせてください」と言われて、送られてきたこともありました(その娘さんとは会ったことも、電話で話したこともありませんが)。

なぜか聞くと「ノルマなんです」と。

それで「では私宛の分くらいはこちらで買い取りますよ」と言いましたが、遠慮されてしまいました。

それから前の職場の時は、私の担当柄、郵便局の方との接点が多かったので、社員さんが来られると「記念切手はいかがですか」と。

うすうすノルマがきついのだろうと思っていましたから、「ちょうど欲しかったんですよ」と言って、結構買いました。社員さんから「すみません」と言われて、「いや、切手は趣味ですから」だの「結構、手紙を出すので」と言いましたが、机の中に結構そのままが多かったですね。

« 福島市長選 2 | トップページ | サイゼリヤ価格据え置きに思う »

労働・ブラック企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/53984724

この記事へのトラックバック一覧です: 日本郵便、大丈夫か?:

« 福島市長選 2 | トップページ | サイゼリヤ価格据え置きに思う »

無料ブログはココログ