« TPPと保守派 6 | トップページ | 食材の誤表示 2 »

2013年11月 9日 (土)

食材の誤表示 1

有名レストランや、有名百貨店、有名ホテルで出された食材が誤表示あるいは偽装だったと次々と発覚して大問題になっています。

正直、私自身はそれほどの怒りはありません。

なぜか、そんな有名レストランや、有名百貨店、有名ホテルの食品をそんなにいただく機会があるわけでないから、他人事だからなのでしょう。

自分がいただいていない食品のことに怒りも沸いてこないのも無理がありません。

でも、思ったことがあります。

何年も食材の誤表示か偽装があったのに、食べた人は気づかないということです。

私達は、いかに「イメージ」「名前」に流されているかです。「見かけ」に騙されているかです。

「人は見かけによらない」とか「他人を見かけで判断するな」と教えられてきたけれど、私達はいかに「見かけ」ばかりを気にしているかです。

« TPPと保守派 6 | トップページ | 食材の誤表示 2 »

労働・ブラック企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/53869824

この記事へのトラックバック一覧です: 食材の誤表示 1:

« TPPと保守派 6 | トップページ | 食材の誤表示 2 »

最近の記事

無料ブログはココログ