« 特定秘密保護法を考える 1 | トップページ | 和顔愛語 »

2013年12月14日 (土)

美しいって感じられるこころ

2013年12月14日、日本テレビ系『メレンゲの気持ち』に出演したゲスト、三浦春馬さんが「好きな女性のタイプは?」と聞かれ、「美しいものを直感的に美しいって感じられる心の持ち主です。あるお坊さんからそういう話を聞いたことがあります。」と答えました。

そのお坊さんとは?そして、そのお坊さんの言葉とは?

おそらく次のお坊さんの、次の言葉でしょう。

花も美しい 月も美しい それに気づく心が美しい

この言葉は、鎌倉五山のひとつ臨済宗円覚寺派大本山円覚寺の前管長の足立大進師がよくご染筆(書かれること)された言葉です。

相手の良さを見つけ、それを良いと認めることができるのは、自分の心のなかに、良いものがあるからではないでしょうか。

「月が美しい」とか「花が美しい」とか私たちは言います。しかし、それは花や月を見て、「美しい」と感じられる私たちの心があるからでしょう。

« 特定秘密保護法を考える 1 | トップページ | 和顔愛語 »

宗教・生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/54050228

この記事へのトラックバック一覧です: 美しいって感じられるこころ:

« 特定秘密保護法を考える 1 | トップページ | 和顔愛語 »

無料ブログはココログ