« 特定秘密保護法の矛盾 | トップページ | 都知事選に行こう! »

2014年1月27日 (月)

天理教春季大祭

<天理教春季大祭>教祖しのび参拝8万人

毎日新聞 1月26日(日)21時1分配信    

 奈良県天理市の天理教教会本部で26日、「立教177年春季大祭」があり、多くの信者が、この日が命日の中山みき教祖をしのんだ。信者らは、祭主を務める中山善司真柱(しんばしら)の講話を聞き、神殿に参拝した。教会本部は25、27両日の関連行事を含め、参拝者を計約8万人と見込んでいる。

(以上、引用了)

天理教本部のある奈良県天理市。JR・近鉄天理駅からアーケードのある商店街を20分くらい歩くと、天理教の神殿が見えます。

神殿近くの商店街にある郵便局では、記念押印は天理教の神殿のデザイン。はがき数枚に押印してもらいました。

宗教の名が市名になっているのは天理市だけ。天理駅を降りると、宗教都市だと感じます。神殿だけが天理教の施設ではなく、神殿を中心に、詰所といわれる信者用の宿泊施設や、大学、高校、小学校などの教育機関などがあります。その建物の屋根が独特な形をしています。

天理教では将来的には、施設で神殿を四方囲むようにするとしています。ということで、現在でも天理教の施設が神殿の廻りに多いのですが、天理教の計画からすると未完成ということです。確かに建物の側面が粗雑になっているところを眼にします。やはり完成したら、その建物の粗雑な側面が延長のようになるからでしょう。

神殿に向かう商店街を歩くと、背中に天理教と白く染め抜いた黒はっぴを着た信者さんが歩いています。

神殿は本当に大きく、使われている資材も立派でした。私は2度見学に行きましたが、1度目はちょうど行事の日(3月26日)。多くの信者さんが祭事に参加していました。そのときは天理教にとっては重要な甘露台までは拝観できなかったのですが、2度目は甘露台も拝観しました。

2度目に行ったときは天理大学なども見学させてもらいました。

« 特定秘密保護法の矛盾 | トップページ | 都知事選に行こう! »

宗教・生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/54764810

この記事へのトラックバック一覧です: 天理教春季大祭:

« 特定秘密保護法の矛盾 | トップページ | 都知事選に行こう! »

無料ブログはココログ