« 立正佼成会創立記念式典を見学 | トップページ | 就活学生 »

2014年3月 7日 (金)

新宗教と建築

新宗教というと巨大建築というイメージをもたれる方もおりますが、自分がこれまで訪ね歩いた中で巨大建築物をもつ教団を挙げます。以下に挙げる例のほかには、世界文明真光教団神殿(静岡県)や大本長生殿(京都府綾部市)などがあります。(繰り返しますが、以下に挙げるのは自分自身が訪ね歩いた中でのものです)

(残念ながら、写真の添付の仕方がよくわからないので、文章だけになります。いつか写真の添付ができるようになったら、これまで撮りためた写真を掲載できたらと思います。また、誤解されたくないのは、建築物の大きさと宗教としての評価とは関係ないことは私もわかっています。この記事は単に宗教の建築物という視点だけでとらえるだけです。)

霊友会釈迦殿(東京都港区麻布台)…建物自体は大きいのですが、地形と、周りのビルに囲まれているせいで近くにいかないと目立ちません。時間内は自由に入ることができます。

立正佼成会大聖堂(東京都杉並区和田)…大聖堂の周辺は、法輪閣や、高校生の吹奏楽の全国大会が開催されてきたことでも有名な普門館(この普門館での吹奏楽大会は会場が広いので、他の会場よりも大きな音で演奏することが多いそうです。しかし残念ながら建物の老朽化により大会はこの会場では開催しないことになりました)、団参(団体参拝)用の宿泊施設、佼成学園、徒歩10分ほどの場所には旧本部があり、その近くに佼成図書館や佼成病院などもあります。大聖堂は自由に入ることができます。

世界救世教本部(静岡県熱海市)…神殿は白い外観です。熱海駅あたりからも見えると思います。MOA美術館が併設されています。教祖の岡田茂吉氏は美術商をしていたこともあり、美術コレクションにも力を入れました。

崇教真光神殿(岐阜県高山市)…ほかの教団も建築に特色がありますが、この神殿も特徴のある外観です。遠くからでも目立つ神殿です。

天理教本部(奈良県天理市)…市名からして教団の名が由来というのはここだけ。この周囲は信者向けの宿泊施設や、大学・高校などの教育機関、病院(憩の家)などもあり、宗教都市の典型例です。天理駅から本部までのアーケードのある商店街(天理本通)には背中に天理教と白抜きした黒いハッピを着ている信者も見かけます。拝殿の大きさ・立派さは圧巻です。拝殿などは信者でなくても自由に入ることができます。宗教に関心があれば一度は訪れたい街です。

真如苑悠音精舎(大阪府高槻市)…非会員の教団施設の拝観・見学は難しいと思います。真如苑はこの施設だけでなく他の施設でも会員でないと内部には入れないようです。公道から施設の外観を撮影することさえ「やめてください」と言われます。

念法真教小倉山金剛寺(大阪市鶴見区緑)…寺院の内部は極楽浄土を表現したと思うのですが華美です。

天照皇大神宮教本部道場(山口県田布施町)…外観は鉄筋コンクリート製で現代建築の様相です。外観はあまり宗教の建物という感じはしません。畳敷きの大道場は圧巻です。

以上に挙げた教団の建造物は比較的大きなものです。ほかには、

阿含宗釈迦寺(京都市)…山全体が教団の所有と思わせるほど境内が広いです。木造の寺院建築では一番大きい規模だといいます。その山の頂上に寺院があります。毎年2月11日の「阿含の星まつり」という儀式の日は多くの人が集まります。この日は京都駅から片道200円(私が行った当時の料金)の臨時バスが出ています。

ほんみち本部(大阪府高石市)…全て信者の奉仕活動によって建築がされたと言われます。

幸福の科学東京正心館(東京都港区高輪)…円柱など古代ギリシャの神殿を模したような建造物です。

PL教団本部(大阪府富田林市)…教団の土地が広いです。未信者は受付でシール型のワッペンをもらい、それを衣服に貼って敷地に入れますが、施設の内部は立入禁止です。遠くからでも大平和祈念塔は目立ちます。内部は入れます。敷地にはゴルフ場やPL学園、PL病院、また、教祖の墓地(円墳型)もあります。

弁天宗(大阪府茨木市)…教団の土地が広いです。京都と大阪の中間の茨木あたりでは新幹線からでも水子供養塔は見えます。

孝道教団本仏殿(神奈川県横浜市神奈川区鳥越)…「孝道山」の上にあります。

大本本部(京都府亀岡市)…大本は亀岡と綾部に本部があります。亀岡本部は亀岡城の跡にあります。ですから、堀に囲まれた中にあります。建物だけでいえば綾部本部の長生殿のほうが大きいです。

大山ねずの(本当はひらがなではないのですが、この漢字は外字になるのでひらがな表記にしました)命神示教会(神奈川県横浜市)…神殿(礼拝所)以外はオフィスビルを思わせる教団施設が立ち並んでいます。神殿以外は教団の施設だと感じさせません。

霊波之光(千葉県野田市山崎)…特色は「天使閣」と呼ばれる城を模した教主の住居があること。周辺にいくつもの教団所有の駐車場(土地)もあり、境内は非会員でも時間内であれば自由に入ることができます。ただし境内地では撮影は禁止です。

創価学会本部(東京都新宿区信濃町)…2013年秋に本部を新たにしました。「広宣流布大誓堂」となっています。「大聖堂」では立正佼成会と重なるからでしょうか。この大誓堂の周辺には創価学会の関連施設が立ち並んでいます。ただ、そもそも道路に区切られた土地の狭さからして一つの大きな施設がつくれないのでしょう。日蓮正宗から離反した(破門された)時期には八王子市に「総本山」をつくるのではないかと噂がたちましたが、それから20年経ちますがそのような動きはありません。建物内は会員でないと入れないようです。

創価学会牧口記念会館(東京都八王子市)…創価大学・富士東京美術館の近くの小高い場所にあります。

ものみの塔聖書冊子協会(神奈川県海老名市)…「エホバの証人」の名のほうが知られている団体。見る角度にもよるのですが、研修施設かマンションかと思い、別の角度では大きなホテルが2棟立ち並んでいるようにも見えます。敷地は広く、多くの自家用車が駐車されています。外観では、いかにも宗教施設という雰囲気はありません。

« 立正佼成会創立記念式典を見学 | トップページ | 就活学生 »

宗教・生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/55258049

この記事へのトラックバック一覧です: 新宗教と建築:

« 立正佼成会創立記念式典を見学 | トップページ | 就活学生 »

無料ブログはココログ