« どうなる?千葉国際(中学・高校) 4 | トップページ | ワタミ、初の赤字 »

2014年5月15日 (木)

すき家の人手不足から見えるもの

<ゼンショーHD>すき家184店 店員不足など営業できず

毎日新聞 5月14日(水)21時1分配信    

 

 ゼンショーホールディングス(HD)は14日、傘下の牛丼チェーン店「すき家」の28店舗がアルバイト店員の不足で現在、営業休止していると明らかにした。改装中の店舗も含めると計184店で営業を再開できていない。小川賢太郎会長兼社長は同日の決算記者会見で、「多くのお客様に迷惑をかけ申し訳ない」と謝罪した。

【写真で見る】すき家の店頭に貼られたアルバイト募集のポスター。時給は手書きで訂正されていた

 すき家は人手不足が原因で2月以降、約250店が一時休業や短縮営業に追い込まれた。6月からはすき家を全国7地域に分社化し、地域の実情に合わせて人材を採用するほか、賃金体系なども工夫して働きやすい職場作りを進めるなどの対策をとる計画だ。しかし店舗の営業中止などにより、15年3月期の売上高は約24億円、営業利益は約8億円それぞれ減少する見込みという。

 ゼンショーが同日発表した14年3月期連結決算は、売上高が前期比12.2%増の4683億円だったが、営業利益は44.8%減の81億円だった。【神崎修一】

 

(以上、引用了)

 

すき家のゼンショーHD社長「3K仕事やりたがらない」

 

朝日新聞デジタル 5月14日(水)19時59分配信    

 

 人手不足に悩む外食大手ゼンショーホールディングスの小川賢太郎社長は「日本人はだんだん3K(きつい、きたない、危険)の仕事をやりたがらなくなっている」と嘆く。傘下の牛丼チェーン「すき家」では2月以降、アルバイト不足で一時閉店が相次ぎ、28店が今も休業中。景気回復に伴う人手不足は、外食や小売りで深刻だ。原則である24時間営業をやめる店も出ているといい、「深夜営業が一番難しい」。

(以上、引用了)

 すき家を経営するゼンショウをめぐっては、以前から残業代未払いや、従業員を個人事業主にすることで、従業員に支払うべきものを払わずに済ませるなどの問題が表面化することもありました。
それを指摘し、支払うべきものを補償するよう要求した従業員に対しては理由をつけて(たとえば、ゼンショウ側が主張した解雇理由は、商品を食べたから、といったもの)解雇したりもしました。
それが今になって、こんなかたちでたたったというのが率直な感想です。
「安さ」を売りにしていた、その「安さ」をつくるために、従業員にしわ寄せを強いて、さらに利益を上げるために新メニュー「牛すき定食」を発売したものの、手間がかかるので、少ない従業員がさらに忙しい状態になったことが背景にあります。
そういう中で、アルバイト従業員が辞めてしまったようです。
でも、私たちが考えなくてはならないのは、消費者として「安さ」に喜んでいたことです。しかしその「安さ」のためにそこで働く従業員の賃金が削られていたということです。
ブラック企業といわれる企業の問題を解決する糸口は私たち自身の側にもあるのです。

« どうなる?千葉国際(中学・高校) 4 | トップページ | ワタミ、初の赤字 »

労働・ブラック企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/56198621

この記事へのトラックバック一覧です: すき家の人手不足から見えるもの:

« どうなる?千葉国際(中学・高校) 4 | トップページ | ワタミ、初の赤字 »

最近の記事

無料ブログはココログ