« 幸福の科学の収入源の変遷を考えました その1 | トップページ | 2014年、立正佼成会「一乗行進」 »

2014年10月 4日 (土)

立正佼成会「開祖さま入寂会」へ

2014年10月4日午前9時から午前11時まで、立正佼成会大聖堂で「開祖さま入寂会」が行われました。

開祖さまとは、立正佼成会初代会長の庭野日敬師です。

佼成学園女子中学高校吹奏楽部の演奏、佼成合唱団の合唱で教団歌、16教会の教会長によるお供物の献上、続いて、次代会長の庭野光祥氏を導師に、法華経の方便品、如来寿量品、如来神力品の読誦、奉讃文、続いて、奉讃歌「願いを胸に」の合唱、宮崎教会元教会長の話、庭野日鑛会長の話、お題目三唱、閉式の辞の流れ。

海外からはウランバートルなどからの参列もありました。

法輪閣では、大聖堂の本尊釈迦像の開祖が箱根で写経した胎内経の複写や、山下清氏の大聖堂の切絵画、大聖堂の本尊の謹刻の下絵、大聖堂建設に関する写真などの展示もありました。

開祖記念館も見学しました。展示品は以前と同じで、七面山修行のときの着物など。

開祖は立正佼成会附属佼成病院で亡くなられました。その当時、私は葬儀に参列しました。

ちなみに私は会員ではありません。ですが、学生の時に論文を書くための調べもので、立正佼成会さんなどによく出入りさせていただきました。今からすれば、図々しいくらいでした。それでも、親切に資料を見せてくださったりと。その後、開祖が亡くなられたので御礼の気持ちで参列させていただきました。

葬儀の当日は、火葬場に向かう霊柩車を見送ろうと、多くの会員が沿道に並んでいました。

縁あって、開祖の直筆の書画が結構手に入り、「南無釈迦牟尼佛」の直筆の掛軸や、画でも珍しいと言われた作品も手に入りました。
でも、ブログに写真をアップする技術を知らないので、文章だけですみません。

« 幸福の科学の収入源の変遷を考えました その1 | トップページ | 2014年、立正佼成会「一乗行進」 »

宗教・生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/57573270

この記事へのトラックバック一覧です: 立正佼成会「開祖さま入寂会」へ:

« 幸福の科学の収入源の変遷を考えました その1 | トップページ | 2014年、立正佼成会「一乗行進」 »

無料ブログはココログ