« 幸福の科学の収入源の変遷を考えました その2 | トップページ | 解脱会「秋季大祭」へ »

2014年10月 9日 (木)

小さな祠(ほこら)

職場の近くに小さな祠(ほこら)があります。

その前を通る人を見ていたら、ほとんどの人が素通りしています。祠のほうに頭を下げる人も、手を合わせる人もいません。

でも、初詣といっては、大勢の人が電車やバスに乗って、有名な神社やお寺に参拝に行きます。

そこで、自分の願いが叶うようにと、神様・仏様にお願いします。

でも、考えてみてください。

普段は神社やお寺の前を頭も下げず手も合わさずに素通りしておいて、自分がピンチのときには神様や仏様に自分の願いを叶えてもらおうなんてムシが良すぎませんか。

日頃、挨拶もしないし無視しているような態度なのに、困ったときだけ「助けて」って頼みに来るような人ですよ。

こんな人の願いを聞いてやりたいなんて思いますか?

あとは、神様・仏様がそんな人をどのように思われるかですが……。

« 幸福の科学の収入源の変遷を考えました その2 | トップページ | 解脱会「秋季大祭」へ »

宗教・生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/57623977

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな祠(ほこら):

« 幸福の科学の収入源の変遷を考えました その2 | トップページ | 解脱会「秋季大祭」へ »

無料ブログはココログ