« 幸福の科学の収入源の変遷を考えました その3 | トップページ | 大川隆法著『人間学の根本問題』を少しいじる その1 »

2014年10月21日 (火)

大川隆法著『宗教社会学概論』を少しいじる

幸福の科学総裁の大川隆法著『宗教社会学概論』。この本は「幸福の科学大学シリーズ」の一冊です。

少し書店で立ち読みしました。
仏教に触れている部分が少なく、大川氏が仏教に触れた部分から間違いの箇所を挙げておきます。

宗教の戒律について書いてあり、仏教の出家者の戒律について、この本の85〜86ページにかけて、

「比丘の三百四十八戒、比丘尼(女性僧侶、尼)の五百戒」

とあります。

このような言葉があたかもあるように書いていますが、間違いです。

比丘には348戒あるなど、何を根拠にしているのでしょうか。

348戒は比丘ではなく比丘尼の戒の話です。

これは「四分律」にあるもので、比丘尼は348戒とあり、または概数で500戒となるのです。
一方で比丘は250戒です。

こんな仏教学では基本的なことを間違っていては、とても仏教学など語れませんよ、大川さん。

« 幸福の科学の収入源の変遷を考えました その3 | トップページ | 大川隆法著『人間学の根本問題』を少しいじる その1 »

幸福の科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/57746463

この記事へのトラックバック一覧です: 大川隆法著『宗教社会学概論』を少しいじる:

« 幸福の科学の収入源の変遷を考えました その3 | トップページ | 大川隆法著『人間学の根本問題』を少しいじる その1 »

最近の記事

無料ブログはココログ