« 幸福の科学大学と創価大学や天理大学とはどこが違うのか その1 | トップページ | 大川隆法著『大学設置審議会 インサイド・レポート』を少しいじる その2 »

2014年11月 7日 (金)

幸福の科学大学と創価大学や天理大学とはどこが違うのか その2

では、幸福の科学大学では、何が問題だったのかとなると、「霊言」なる大川氏にしか話せない、ある人物(宇宙人、神)の霊の言葉なるものがある。それをテキストにしたものを授業で使おうとしたことが大きな「不可」「不認可」の一因だと言われる。

「霊言」なるものの信憑性は学術的にも確かめようもなく、大川氏や幸福の科学会員のみが真実だと主張するものを大学のテキストにしようとしたことが問題視されたという。

おそらく学術的に批判・考証・検証・実験できないものを「学問」だとして、大学で学生に教授できるものか、ここが問題にされたのだろう。

すると、「神話」的なものは学術的に実証できるのかという反論もあるだろう。

しかし、神の実在性や、神話の真偽は確認・断定できなくても、それを宗教学や民俗学、人類文化学などの手法で論考はできるだろう。

では、大川氏による「霊言」なるものを、これまで宗教学者や仏教学者らに委ねて、検証や批判を経たことがあっただろうか。

大川隆法氏は『宗教学者から観た幸福の科学』(幸福の科学出版)をだした。島薗進氏、山折哲雄氏、井上順孝氏といった日本を代表する現役(存命)の宗教学者3氏が登場して、各氏が幸福の科学や大川氏、霊言を批評している。

しかし、これとて、各氏の「守護霊」の言葉である。それを大川氏が口にしたのを収録して出版しているに過ぎない。

なぜ、現在活躍(存命)している学者に直接会って尋ねないのか不可解である。

「霊言」なるものの信憑性に疑問をもつ人も多い。それが幸福の科学や、幸福の科学学園への批判にもなっている。

それならば、実在の学者に直接尋ねて、幸福の科学や霊言についてコメントをもらえばいいだけだ。

それなのに、「霊言」の信憑性についての疑問に「霊言」が答えるという無理をした。

たとえは悪いが、犯人と疑われる人物を取り調べるのが、共犯と疑われる人物であるようなものだ。あるいは容疑者自身が自問自答して、これで無実だと答えたからといって、その無実を誰が信用できるのか。

大学が実際に開学したら、幸福の科学という宗教についても、外部の学会や、他大学の教員や学生とも交流しなくてはならない。それなのに、「霊言」の信憑性や、幸福の科学の評価を著名な学者の「霊言」が行なうという、あまりの自己完結型な閉鎖性は大学を開学するに値するのだろうか。

2つ目に、大学設置審議会からいくつもの是正を求められた点があった。

その一つが、学長に学識経験者を据えるということだ。

しかし、幸福の科学(学園)側は、教団役員の九鬼一氏の就任に最初はこだわった。幸福の科学(学園)側は、宗教系の大学の学長に宗教職にある者を据えるのは当然なことだ、と反発した。

結局は、幸福の科学大学の学長に筑波大学の教授で信者の福井氏を置いて、学長の上に「総長」職を置いて、それに九鬼氏を置こうとした。

これが大学設置審議会の印象を悪くし、「不可」となる決定打ともいえる問題となった。

審議会側の求めに反発するどころか、それ以上の審議会にとっては非常識な答えで返したのだから。

また、大川氏は文部科学大臣の守護霊の「霊言」なるものを発表して、そこで大臣が開学を妨害しているだのと、大川氏(幸福の科学)は非難してきた(大川氏は、大臣に一種の圧力をかけたつもりでいたのかも知れないが、それが信者を誘導しての圧力として、大学開学を公が認可することに懸念をいだかせたのかも知れない)。

次に、これは審議会の答申が「不可」になったというよりは、最長5年もの間、大学設置の申請を受け付けないというペナルティーの対象になった理由になるが、審議会の委員に幸福の科学側は数十冊もの送り付けたことである。

もう一つ、幸福の科学(大学)側は文部科学省の担当者に「開学を認めないと、面倒なことになる」といった「脅し」とも受け取られることを言ったことも明らかにされた。

このように「霊言」以外の問題が重なったことで、開学が「不可」「不認可」になったばかりか、最長5年間の申請不受理というペナルティーを与えられることとなっている。

(とりあえず、この記事を掲載しますが、他の記事でも同様ですが、後で書き足しや書き直しをして充実させていきたいので、後ほどもご覧ください)

« 幸福の科学大学と創価大学や天理大学とはどこが違うのか その1 | トップページ | 大川隆法著『大学設置審議会 インサイド・レポート』を少しいじる その2 »

幸福の科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/57907765

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の科学大学と創価大学や天理大学とはどこが違うのか その2:

« 幸福の科学大学と創価大学や天理大学とはどこが違うのか その1 | トップページ | 大川隆法著『大学設置審議会 インサイド・レポート』を少しいじる その2 »