« 第55回神田古本まつり 8日目 | トップページ | かわいそすぎると中止になったCM »

2014年11月 1日 (土)

幸福の科学大学大学設置不許可の後

幸福の科学大学の新設が「不許可」になった。

審議会の答申が「不可」になった2日後には、『大学設置審議会インサイド・レポート』なる、分科会会長の佐藤東洋士氏の守護霊の霊言なるものを収録した本を発行し、書店にもあった。

この霊言なるものの収録は10月30日。

早速の対応である。

ここから幸福の科学がどのような行動に出るか予想したい。

当然、幸福の科学グループのそれぞれのホームページや、大川氏の本、『リバティ』などの刊行物で、不当な決定だの、陰謀説だのを展開するだろう。

佐藤東洋士氏が学長を務める桜美林大学や、文部科学省の前でデモをしたり、ビラまきをするだろう。

「教育に国家権力は介入するな」だの、「信教の自由を守れ」だのと署名活動もするだろう。

これまでの事例、たとえば週刊誌「フライデー」に大川氏がノイローゼで相談に通ったなどと書かれたとき、また、大川氏の当時小学生だった息子が学校で「いじめ」にあったとしたとき(情報源を明らかにできないがネット上ではなく確度の高い情報を得ている。今回は雲をつかむような言い方をするが、大川氏の息子が「いじめ」を受けたとした一件は実は違うらしい。息子は親にあの日までの出来事の本当のことを言ったのだろうか)、何が起きたのか。

大川氏は陰で信者を煽り、煽られた信者も大川氏の指示であることを知らずに、大川氏を護るためといった気持ちや正義感があいまってデモ行進やビラまきなどに参加する。

正義を楯にした執拗な「攻撃」に講談社や、小学校は大変なおもいをしたが、世間(会員以外)はそれを見て、ますます幸福の科学に対して「おかしい」「こわい」集団と思って、距離を置いたのだ。

« 第55回神田古本まつり 8日目 | トップページ | かわいそすぎると中止になったCM »

幸福の科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/57855815

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の科学大学大学設置不許可の後:

« 第55回神田古本まつり 8日目 | トップページ | かわいそすぎると中止になったCM »

最近の記事

無料ブログはココログ