« 幸福の科学の霊言なるものの矛盾、問題点 | トップページ | 統一教会、安倍首相、自民党 »

2014年12月 3日 (水)

ベネッセにみるリストラという選択

ベネッセ「ぬるま湯体質」に大なた 原田氏が社員に突きつけた覚悟

SankeiBiz 12月3日(水)8時15分配信    

 ベネッセホールディングス(HD)の希望退職募集は創業以来、「ぬるま湯体質」と指摘される同社が初めて振るう「大なた」だ。顧客情報の流出問題で前社長ら経営陣の多くが引責辞任したことで、流出問題は就任前の問題であり自身に責任はないとして留任した原田泳幸会長兼社長に権限が集中し、可能になった。

 「今回の構造改革では、社員には大きな意識改革、業務領域の変更が求められます」。希望退職の発表文に記されたこの言葉は、原田氏が社員に突きつけた覚悟ともいえる。

 原田氏はベネッセ会長就任直後、「商売を上手にするという意識が足りない」と、社風を痛烈に批判。IT化やネット活用の教育システムなどにうまく移行できないことや、会員数の減少に手をこまねいてきたビジネス感覚の欠如を挙げた。

 同氏は日本マクドナルドHDのトップなどの経験からリストラを伴う大規模な事業改革の必要性を感じながらも、急進的な改革がベネッセ社員に受け入れられないことも理解していた。その中で発覚した流出問題と初の赤字転落が、原田改革にお墨付きを与えた格好だ。

 今回の改革で負の遺産の解消と重点事業へのシフトを一気に進め、2016年3月期に大幅な黒字転換を果たす「V字回復」を果たす考えだ。(平尾孝、山口暢彦)

(以上、転載了)

上に転載した記事で、タイトルに「大なた」とあります。

よく「大なた」だのと経営陣が社員を減らすことを経営陣の責任の断行のように持ち上げ気味に取り上げますが、社員の側になってください。

経営陣の一人ひとりがどのような責任をとり、どのような痛みを自らに与えましたか。

私がこれまで遇った経営者で

「経営が不調になれば、職員を辞めさせるのが私の経営責任だ」

と言い放った人がいます。

冗談はよせ、です。いや、冗談にもならない、です。

業績が不調にならないように策を講じるのが経営者であって、業績が不調になったのは無策だった経営陣の責任です。

経営陣自らの責任を社員に取らせているようなものです。

それを「経営の決断」だのと自己正当化しているだけ。

ベネッセが「ぬるま湯」体質かどうかは別にして、業績が下がったら、社員に「辞めてくれ」って、あまりにもお粗末でしょ。

社員からすれば、「あんたの無策、経営判断のミスが招いた業績不振。辞めるのはあなたのほうだ」と言いたいでしょう。

そういえば、原田会長(社長)はマクドナルドで、次のベネッセでどれだけの経営手腕を発揮しましたか?

ネット上では、「リストラしかしていない」の書き込みが結構出ていましたが。

それで原田さん、あなたは会社に残り、末端で働く社員は次の職を探しに廻るのですか?

それが原田さん、あなたの経営手腕なのですか?

« 幸福の科学の霊言なるものの矛盾、問題点 | トップページ | 統一教会、安倍首相、自民党 »

労働・ブラック企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/58162834

この記事へのトラックバック一覧です: ベネッセにみるリストラという選択:

« 幸福の科学の霊言なるものの矛盾、問題点 | トップページ | 統一教会、安倍首相、自民党 »

最近の記事

無料ブログはココログ