« 今年の幸福の科学の動向 その5 | トップページ | あれから4年が経ち »

2015年3月10日 (火)

今年の幸福の科学の動向 その6

女優の武井咲(えみ)さんの守護霊の「霊言」なるもので、女優の仕事は神とつながるものがある、といった言葉をとらえて、私塾「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティー(HSU)」のなかに、芸術学科的なコースを設けると発表。

ここまでは、このブログの記事「今年の幸福の科学 その3」で取り上げた。

でも、武井さん(の守護霊?)の一言で一コースをつくるとは何なのか。

それならば、武井さんは幸福の科学の「女帝」なのか?

大川隆法氏は至高神・創造主を自称しているのであれば、大川氏自身の言葉で一コースを設けるならばわかる。

それを武井さんの「守護霊?」の言葉一つで動く教団のあり方はいかがなものか。

もし武井さん(実物)が同じことを言ったら教団は動くのだろうか?

女優さん(霊?)の言葉で動く教団など他にあるだろうか?

仮にだが、守護霊の言葉を幸福の科学では「真理」だと教えるならば、誰かの守護霊の言葉を頼りにすることを是としても、幸福の科学では、「霊言」が幸福の科学の教えに合致しているとは限らない(幸福の科学の教えと違うこともある)とか、霊がウソをつくこともあるとかと説明している。

それならば、それこそ頼りにならない「言葉」にすがるのではなく、至高神・創造主を名乗る大川氏が自身の言葉で教えを説き、教団を運営するべきではないのか。

まるで、「どれにしようかな神様の言うとおり」と指をさして当たったところで決める、あるいは、鉛筆を転がして決める、その繰り返しをしているような感がある。

それが言い過ぎならば、「霊?」の「お告げ」で教団を運営して、間違えたら、「霊?」に騙されたと言うのか?

« 今年の幸福の科学の動向 その5 | トップページ | あれから4年が経ち »

幸福の科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/58711778

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の幸福の科学の動向 その6:

« 今年の幸福の科学の動向 その5 | トップページ | あれから4年が経ち »

最近の記事

無料ブログはココログ