« これが自由というものか | トップページ | 幸福の科学大学の開学はいつか? »

2015年5月11日 (月)

拙ブログの記事「『天理教開祖 中山みきの霊言』から大川隆法氏の矛盾を衝く その1」にコメントをいただきました

拙ブログの記事「『天理教開祖 中山みきの霊言』から大川隆法氏の矛盾を衝く その1」に「天理教信者」さまよりコメントをいただきました。ありがとうございました。

以下にその記事のアドレスを貼りますので、クリックしてお読み下さい。

http://pundarika7.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-4fa2.html

「天理教信者」さまの個人情報の流出などご迷惑をおかけしないと判断して、ご了解をいただかないままに、記事の一つに転載をさせていただきます。お許し下さい。

(以下、転載)

素晴らしい書評です。amazonのレビューにも転載して下さい。

天理教では他宗教の批判などは決してしません。一つの神を色々な形で信仰しているのだと認めています。

幸福の科学の事は知りませんが、勉強不足で安易に利用されるのはとても不愉快です。本は読んでいませんが、こちらの書評の中では質問者の母子の方がよく調べてくれていると感じました。

(以上、転載了)

いただいたコメントに対して、私(管理人)は以下のような返信をしました(コメントの返信を少し直しました)。

(以下、転載)

管理人です。「天理教信者」さま、コメントをくださりありがとうございました。

宗教批判の是非はともかく、大川隆法氏はこれまで様々な宗教者・政治家・芸能人・経営者・学者らの本音だとして「霊言」なるものとして取り上げてきました。

大川氏が宗教者の「霊言」なるものを発表する理由は幾つかあるでしょう。
一つは自分と違う考えを持つ相手を批判・誹謗し、それによって自らの正当性や優位性を出したいとするから。
二つ目に、相手の権威などを利用して信者を増やすため。

これらが理由でありましょう。 この大川氏の天理王命や中山みき氏の「霊言」と称する本『天理教開祖中山みきの霊言』(大川隆法氏著)は内容からして後者が目的でしょう。

天理教の信者に、天理王命や中山みき氏の言葉だとして、幸福の科学に誘う方法でしょう。
その一つのあらわれが、2015年1月2日に行われた幸福の科学での大黒天発願供養式典で、幸福実現党党首の釈量子氏が「幸福の科学の信者(娘)が、ガンを患う天理教の信者である母親に、これが天理王命や中山みき氏の言葉だと、『天理教開祖 中山みきの霊言』を勧めたら、母親はその言葉を素直に受けた。それで母親は幸福実現党に投票したらガンが消えた」といった趣旨のことを発表したことです。
ということは、少なくても結果的にしろ一般の信者の間では他宗教(この場合、天理教)の信者への勧誘方法にも使われたということです。
この天理教のケースだけでなく、これまでも天理教以外にもGLAや創価学会などを対象にして似たことをしてきたことは指摘されています。
GLAの会員を対象としては創始者の高橋信次氏の霊言、創価学会の会員を対象としては日蓮聖人や日興上人の霊言といったように、他の教団の教祖(創始者)らの「霊言」と称して、幸福の科学に誘うということです。

もし、他宗教の批判を出版するなど公にするならば、資料に基づき、個人への誹謗中傷は避け、自らの言葉として責任の所在を明らかにして発表すべきと考えます。
一方、大川氏は「霊言」として、個人への誹謗中傷まで言います。これを批判すると、「霊言」という神聖な宗教行為を否定するのは宗教への冒瀆や信教の自由の侵害だ、「霊言」は本人の本音だ、と反論します。 これでは一方的に恣意的な(誤った、偏った)情報を流され批判された側は宗教行為の名の下で泣き寝入りしなくてはならないのかとなります。
宗教行為を名目にすれば何事も許されるのかと、それは幸福の科学だけでなく、宗教全般の倫理観が問われる結果を招きます。
そのような問題がはらんでいると思います。

できましたら、いただきましたコメントと私からのこの返信をこのブログで一つの記事として紹介させてください。 再度、コメントをくださいましたこと感謝します。

(以上、転載了。一部修正)

« これが自由というものか | トップページ | 幸福の科学大学の開学はいつか? »

幸福の科学」カテゴリの記事

コメント

その様な宗教に託けた身勝手な行為や発言は他の団体にもあります。
特に日蓮を絶対化、神聖化する「日蓮を用いないと日本が滅ぶ!」「時間がない!」と
終末思想を煽る顕正会は露骨に出ています。
この様な発言を被災者遺族の方々が聞いたらどう思うでしょうか?酷い冒涜です!
特に昨今、ネパール大地震や箱根大涌谷の件もあり、益々緊張と恐怖を煽る様な気が
してなりません!↓

今回の御嶽山の噴火による犠牲者、謗法の罰でしょうかね。
ほとんどの遺体が、神社近くで見つかったということですから。
こんな書き方したら、犠牲者のご家族の方たちに、非難されそうですけどね。
お気の毒としか言いようがない。

投稿: 軍○ しょう | 2014年10月 3日 (金) 午後 06時03分

> 軍○ しょう さま

>ほとんどの遺体が、神社近くで見つかったということですから


日本各地で自然災害が連続して起きることが全部罰だと思います。
つい先日、土砂崩れで大勢の方が亡くなったかと思えば、
今度は火山の噴火でまた大勢の方が亡くなりました。
こんな時代が来るなんて、何かが変だと気付かなければいけないと思います。

投稿: バー○ | 2014年10月 3日 (金) 午後 11時27分

http://byrds-hakase.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-7639.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/59955303

この記事へのトラックバック一覧です: 拙ブログの記事「『天理教開祖 中山みきの霊言』から大川隆法氏の矛盾を衝く その1」にコメントをいただきました:

« これが自由というものか | トップページ | 幸福の科学大学の開学はいつか? »