« 拙ブログの記事「『天理教開祖 中山みきの霊言』から大川隆法氏の矛盾を衝く その1」にコメントをいただきました | トップページ | ひきこもり主婦 »

2015年5月13日 (水)

幸福の科学大学の開学はいつか?

文科省からの学校法人「幸福の科学学園」に対する大学設置を認可しない期間の通知について

2015.04.29

  4月28日、文科省より、「幸福の科学大学」の設置認可申請に関して、学校法人「幸福の科学学園」に対し、大学設置等の認可をしない期間を2014年10月31日から5年間とする処分の通知がありました。

 今回の処分に当たって、文科省は、当学園が不正行為をしたと説明しているようでありますが、昨年の大学設置申請において、当学園は、何ら不正行為など行っておりません。

 文科省が不正行為といっている行為は、いずれも憲法上も民法上も刑法上も不法行為には当たるものではございません。

 今回の処分に対しては、「学問の自由、信教の自由を侵害する不当なものである」と考え、別紙の通り、プレスリリースを行いました。今後の対応については、現在検討中です。

 引き続き、幸福の科学大学設立に向けて取り組んでいく所存です。

(以上、幸福の科学大学HPより転載)

2019年10月30日までは大学設置の認可が出ないということです。

となると、2020年4月開学も難しいでしょう。

というのは、遡ること2014年10月29日(水)、文部科学省より、大学設置・学校法人審議会が大学設置の認可申請を不可として文部科学大臣に答申する旨の連絡があったからです。

大学設置の認可が出るとしたら、それは2019年10月31日以降になってからと考えると、

①(10月31日以降に文部科学大臣からの認可が出るという前提で)その前に大学設置の認可申請ができるのか、
②もし大学設置の認可申請ができるとしたら(2014年度のように)学校法人審議会の答申は10月30日までにあっても支障がないということなのか、

そこが問題です。

ただ、(2014年度の例をみると)10月29日の時点での動きがこれだと、2020年4月開学に向かうのは現実的には難しいのではないでしょうか。

となると、それでも

①幸福の科学が幸福の科学大学の開学を何年先でも本気で目指す、
②2020年頃も大学設置ができるだけの財力がある、
③2020年頃になってその時にも大学設置を目指す、

としたら、2021年4月開学が最短になると思うのです。

ただし、そのときにも大学設置が不可(不認可)にならないというのが前提の話ですが。

« 拙ブログの記事「『天理教開祖 中山みきの霊言』から大川隆法氏の矛盾を衝く その1」にコメントをいただきました | トップページ | ひきこもり主婦 »

幸福の科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/59981209

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の科学大学の開学はいつか?:

« 拙ブログの記事「『天理教開祖 中山みきの霊言』から大川隆法氏の矛盾を衝く その1」にコメントをいただきました | トップページ | ひきこもり主婦 »

最近の記事

無料ブログはココログ