« 安保法制を考える 権力者(議員)が学者を嫌う時こそ危ない | トップページ | 幸福の科学大学の開学が不認可になった理由を考える その6 »

2015年6月10日 (水)

幸福の科学大学の開学が不認可になった理由を考える その5

(前回につづく)

幸福の科学大学の開学を「霊言」なるものを理由に「不可」「不認可」になった理由の2つ目は、大学設置の申請中にもかかわらず、大川隆法氏が下村博文・文部科学大臣の「霊言」と称して出版までしたことでしょう。

下村氏への抗議や異義・疑義があれば文書や口頭でやれば良かったのです。

ところが、申請中の2014年6月に、以下のような下村氏の霊言本を出版しています(以下の太字の部分は、幸福の科学出版HPからの転載)。

文部科学大臣・下村博文守護霊インタビュー

・著者

 

大川隆法

 ・定価1,512円(税込)               

 ・四六判 357頁

 ・発刊元

 幸福の科学出版

 ・ISBN 978-4-86395-480-9                

 ・発刊日 2014-06-13

まえがき
第1章 下村文部科学大臣 守護霊インタビュー
     ─信仰観・教育観・国家観に迫る─
 1 文科大臣・下村博文氏の守護霊を招霊する
 2 「宗教は票になるから、どこでもいい」
 3 財務省による「大学認可」への圧力
 4 自公連立の「裏条件」とは
 5 「日本には民営の大学は一つもない」
 6 審議会は「政治家の隠れ蓑」
 7 下村文科相の「宗教的バックボーン」とは
 8 「法律違反」の発言を繰り返す下村氏守護霊
 9 「政治家の世界はハイエナの世界」と自覚する下村氏守護霊
 10 下村博文守護霊の霊言を終えて
第2章 下村博文守護霊の霊言(2)
 1 「学長の見識」で無理難題を言う下村氏守護霊
 2 「消費税増税」に固執する下村氏守護霊
 3 「恩を仇で返す」下村氏守護霊
第3章 下村博文守護霊の霊言(3)
 1 罵詈雑言を吐く下村氏守護霊
 2 「この国は公務員が動かしている」
 3 「新興宗教の信者には国民の権利がない」
 4 「真光」の恨みを語る下村氏守護霊
第4章 崇教真光初代教え主・岡田光玉の霊言
 1 崇教真光初代教祖・岡田光玉氏を招霊する
 2 幸福の科学をどう見ているか
 3 下村文部科学大臣との関係を語る
 4 崇教真光の実態と岡田光玉氏の霊的真相
 5 「宗教のスタンダードが真光」と主張する岡田光玉氏
 6 下村文部科学大臣へのアドバイス
 7 岡田光玉氏の霊言を終えて
あとがき
(以上、転載了)
(つづく)

« 安保法制を考える 権力者(議員)が学者を嫌う時こそ危ない | トップページ | 幸福の科学大学の開学が不認可になった理由を考える その6 »

幸福の科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/60248539

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の科学大学の開学が不認可になった理由を考える その5:

« 安保法制を考える 権力者(議員)が学者を嫌う時こそ危ない | トップページ | 幸福の科学大学の開学が不認可になった理由を考える その6 »

最近の記事

無料ブログはココログ