« やはり安保法案は違憲としか言いようがない | トップページ | 森永卓郎氏の「経済“千夜一夜”物語」 どう考えても憲法違反 »

2015年6月23日 (火)

宗教の禁じ手をやった幸福の科学 その5

(前回につづく)

では、いったい大川隆法氏とは?

大川氏はむしろ宗教家というよりは経営コンサルタントなのではないでしょうか。

自分でやってみて成功した例が「幸福の科学」なのでしょう。

いわばビジネスの成功例を彼自身がつくったつもりなのでしょう。

そこで、彼は宗教団体にとどまらず、出版、教育(学校・塾)、政治、葬祭業と多角経営を図ってきたのではないですか。

それも信者の「ゆりかごから墓場まで」に事業を絡ませて、その度にお金が動くようにしたのです。

そこからしても、大川氏の思い(考え)を実験するための装置が「幸福の科学」で、大川氏からすれば、信者が自分を敬って喜んでお金を持ってきて、自分は「この世」的に「成功」したという発想でいるのではないでしょうか。

大川氏の経歴、生い立ちを見ても、彼が宗教的情緒を養う、宗教家の素養を培う、宗教について学んだ形跡を見出せません。

大川氏にとっては、そうした機会がないままに、父親の力で親子の共同作業というかたちで出した「霊言本」がヒットしてしまって、あれよこれよと階段を昇っていったのでしょう。

大川氏のなかでは宗教家としての準備がないままにデビューしてしまったのでは。

その一方で、会員から「先生」と言われれば、自分を「先生」だと思い、「仏」と言われれば、自分でも「仏」だと思い、そんなことで自称・仏、自称・宗教家になってしまった感じがします。

そんな大川氏に魅了され、信用して信者(会員)になった人が何故いたのでしょうか?

それは、初期のころの話でいえば、彼が一般にイメージされる宗教家らしくなかったからでは。

エル・カンターレ宣言をしてからは宗教家ぶった恰好をするようになりましたが、それまではスーツ姿でした。そして宗教家らしくない軽妙でざっくばらんな話ぶり。

宗教臭くないそんな彼に親和性をもち胡散臭さを感じなかったから入信したという人も結構いたのではないかと想像するのです。

なかには、教義が「わかりやすかったから」入信したという方もいるでしょう。

でも、教義が「わかりやすかった」というよりは、本当は、大川氏自身、宗教の勉強をしてこなかった(宗教の知識がなかった)、そして宗教体験がなかったから、難しい話や詳しい話ができなかったことが「わかりやすさ」にすり替わったのかも知れません。

「難しくない」が「わかりやすい」になったようなもの。

その証拠に、初期の著書(なるべく初版)をご覧ください(初期に出した著書では版を重ねて後の版になると修正されているのです)。

記憶違いや誤植の類ではなく、仏教についての記述に限って言えば、あまりに初歩的な仏教用語の読み方も結構多く間違えたルビをふっています。
また、初歩的な仏教用語の意味も間違えています。
まして、釈尊の名前からして全く間違えています。そのほかの人物名も間違えています。

(つづく)

« やはり安保法案は違憲としか言いようがない | トップページ | 森永卓郎氏の「経済“千夜一夜”物語」 どう考えても憲法違反 »

幸福の科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/60402048

この記事へのトラックバック一覧です: 宗教の禁じ手をやった幸福の科学 その5:

« やはり安保法案は違憲としか言いようがない | トップページ | 森永卓郎氏の「経済“千夜一夜”物語」 どう考えても憲法違反 »

最近の記事

無料ブログはココログ