« やはり安保法制はアメリカからの要求か | トップページ | アベノミクスを厳しく批判する経済学者 浜矩子さん »

2015年7月10日 (金)

幸福の科学の信者数は? その2

幸福の科学の公式発表、文化庁編『宗教年鑑』では、信者数は「1100万人」。

どうやって数えているのかの根拠として、大川隆法氏は『文藝春秋』で、経典『正心法語』の発行累計を挙げています。

発行累計=信者(会員)数

ということです。

これについては、こちらの記事も御覧ください(アドレスをクリックしてお読み下さい)。

http://pundarika7.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-84ee.html

ただ、

発行累計=信者(会員)数

と言われても、本当に信者が「1100万人」もいると思っているのは、教団発表を事実と思う信者だけではないでしょうか。

いわゆる「肌感覚」で、日本の人口の11人に1人が幸福の科学の信者だと思いますか、という話です。

もちろん幸福の科学学園の生徒であるとか、幸福の科学に勤務しているとなれば周りは信者(会員)ばかりですから、それは別にして、例えば、自身が通う学校の生徒の11人に1人が幸福の科学の会員(信者)でしょうか?クラスが30人くらいいるとしたら3人くらいが会員でしょうか?会社や役所に勤めていたら、11人に1人くらいが会員になっているのでしょうか?近所を見回して11軒に1軒は幸福の科学の会員になっていますか?

こういうことです。

« やはり安保法制はアメリカからの要求か | トップページ | アベノミクスを厳しく批判する経済学者 浜矩子さん »

幸福の科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/60637554

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の科学の信者数は? その2:

« やはり安保法制はアメリカからの要求か | トップページ | アベノミクスを厳しく批判する経済学者 浜矩子さん »

最近の記事

無料ブログはココログ