« TPPはチャンスではない! 日本の農業は確実に衰退する | トップページ | 幸福の科学を離れて批判しているのに使っている言葉 その2 »

2015年11月12日 (木)

幸福の科学を離れて批判しているのに使っている言葉 その1

「波長同通の法則」という言葉が幸福の科学にはあります。
幸福の科学を離れて、今となっては幸福の科学を批判しているはずの元信者の方なのに、なぜかおそらく幸福の科学でしか使われない「波長同通の法則」という言葉を使い、その言葉で幸福の科学や教祖の大川隆法氏を批判しています。
「波長同通の法則」、おそらくその言葉は幸福の科学と、幸福の科学から分立したレムリア・ルネッサンスでしか使っていないのではないでしょうか。
その証拠に、幸福の科学と、幸福の科学から分立したレムリア・ルネッサンス以外の方がその言葉を使うことがあるでしょうか。
幸福の科学は仏教を標榜し、仏教語を使いたがりますが、仏教語にはそんな言葉はありません。
ちなみに幸福の科学の教えの原型となったGLAでは「波長共鳴の法則」という言葉を使うようですが。その言葉を少しアレンジしたのが「波長同通の法則」でしょうね。
元妻の大川きょう子氏も離婚後にキリスト教を信仰しているのに、その言葉「波長同通の法則」を使ってキリスト教を説明していました。
世間でよく使われる言葉では「類は友を呼ぶ」のようなもので、それを霊などを引き合いにしたとき使いやすく便利な言葉なのでしょうね。
でも、その「波長同通の法則」なる言葉からもいつかは離れないと、幸福の科学から本当に離れたことにはならないのではないかと。
つまりは幸福の科学でしか通用しない言葉を使って、幸福の科学を批判するのは、下手すると幸福の科学の教えの範疇・基準のなかにあって、幸福の科学を批判するという少し矛盾を起こすかもしれないと思うからです。

« TPPはチャンスではない! 日本の農業は確実に衰退する | トップページ | 幸福の科学を離れて批判しているのに使っている言葉 その2 »

幸福の科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/62435874

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の科学を離れて批判しているのに使っている言葉 その1:

« TPPはチャンスではない! 日本の農業は確実に衰退する | トップページ | 幸福の科学を離れて批判しているのに使っている言葉 その2 »

最近の記事

無料ブログはココログ