« NEWS23 岸井成格氏と膳場貴子氏が総退陣なら報道のTBSは終わりだ | トップページ | 国民連合政府は実現なるか? »

2015年12月 9日 (水)

税金投入も? 安倍首相が本気で進める“ガンダム歩行計画”

税金投入も? 安倍首相が本気で進める“ガンダム歩行計画”
2015年12月8日 (C)日刊ゲンダイ
ハチャメチャだ。安倍政権が政権浮揚策として、本気でアニメ「機動戦士ガンダム」に目を付け始めているという。ガンダムは35年以上前に作られた日本を代表するアニメ作品。海外でもテレビ放送され、プラモデルの「ガンプラ」は今も国内外で人気が高い。  
自民党内では以前から、実物大のガンダムを作る計画がマジメに議論されていて、2012年には動画サイトで「本気で考える自民党ガンダム開発計画」というトーク番組があった。選挙マニフェストにも計画が掲載される――なんてウワサも流れた“ヨタ話”の類いだったが、つい最近、安倍首相は「すぐにやれ」と現場をせっついたという。
「安倍政権はヤル気マンマンです。アニメの設定と同じ全長18メートルのガンダムを羽田空港近くに展示し、実際に動かす計画です。表向きは訪日観光客らに日本の製造業者の技術力をアピールする、というものですが、人気の高いガンダムを使って国民の支持を集める狙いです」(経済紙記者)
支持率のために政府を挙げてアニメロボットを具現化する――。あまりにもバカげた話だが、本当に実現するのか。

「ある社団法人が、ガンダムが登場してから40周年を迎える2019年に実物大のガンダムを動かそうと計画しているのは確かで、今年、世界中からアイデアや設計プランを公募しました。しかし、実現のハードルはものすごく高い。千葉工大の過去の試算だと、総重量はジャンボ機を上回る480トンにも達する。6階建てのビルを動かすようなもので、二足歩行は到底ムリ。費用は少なくとも800億円と見積もられています」(文科省担当記者)

 これぞムダ遣いというもの。だいたい、ロボット開発に力を入れるなら、実社会に役立たないガンダムではなく、福島原発向けが最優先のはずだ。政治評論家の山口朝雄氏がこう言う。

「ガンダム計画が事実であれば、政府の姿勢、税金の使い方として言語道断。他にやるべきことは山のようにあるはず。アベノミクスが行き詰まっていると政府自ら認めたような話です」

 ちなみに、ガンダムの作画監督を務めた安彦良和氏は、安保法を強行採決した安倍政権に対して否定的だ。自民党が夢を追うのは勝手だが、血税の投入だけは絶対ダメだ。
(以上、日刊ゲンダイから転載)
一方では「国家財政が逼迫している。だから消費税などを上げなくてはならない」と言い、もう一方では、政党助成金、TPP対策、海外援助と称して多額の税金をばらまく。
もうデタラメの一言に尽きる。

« NEWS23 岸井成格氏と膳場貴子氏が総退陣なら報道のTBSは終わりだ | トップページ | 国民連合政府は実現なるか? »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/62887461

この記事へのトラックバック一覧です: 税金投入も? 安倍首相が本気で進める“ガンダム歩行計画” :

« NEWS23 岸井成格氏と膳場貴子氏が総退陣なら報道のTBSは終わりだ | トップページ | 国民連合政府は実現なるか? »

無料ブログはココログ