« 自民党の谷垣氏は野党共闘を批判するけれど、だったら自公政権はどうなの? | トップページ | 日本IBM「社外秘リストラマニュアル」の全貌 »

2015年12月23日 (水)

国会議員カップル「育休とりたい」 制度ないけど計画

国会議員カップル「育休とりたい」 制度ないけど計画

朝日新聞デジタル 12月23日(水)5時14分配信    

     

 自民党の宮崎謙介衆院議員(34)=京都3区=が子育てに取り組みたいとして、来年の1~2カ月間、「育児休暇」を取る意向であることがわかった。国会に規定はないが、男性議員が育児を理由に国会を一定期間休む例は初めてとみられる。与党内には慎重論と賛成論があり、議論になりそうだ。

【写真】金子恵美議員と宮崎謙介議員


 宮崎氏は今年2月、自民の金子恵美衆院議員(37)=新潟4区=と結婚、来年2月中旬に初めての子どもが生まれる予定だ。宮崎氏は21日、党国会対策委員会に育児のための休暇を取りたいとの意向を伝え、朝日新聞の取材に「子供を2人で育てることが大事だ。育休を取ることで、地に足の着いた政策を出せるようになると思う」と語った。宮崎氏によると、金子氏は約3カ月間、宮崎氏は1~2カ月間の「育児休暇」を予定している。

 しかし、国会議員には育児休暇の規定がない。出産については、衆議院規則185条で「議員が出産のため議院に出席できないときは、日数を定めて、あらかじめ議長に欠席届を提出することができる」と規定。参院にも同様の規定があり、これまでに橋本聖子参院議員ら、衆参で計9人の女性議員が取っている。

 宮崎氏は当面、本会議のたびに欠席届を出すことで事実上の「育児休暇」とするという。衆議院事務局は「男性が育児で一定期間、休暇をとった先例はない。欠席届には期間の定めがないので本会議があるたびに提出することになる」と話す。宮崎氏は今月、自民の男性議員約10人で、国会に育児休暇の規定をつくる勉強会を立ち上げた。

         

朝日新聞社

(以上、転載了)

国会議員だからといって育児休暇は不要とは言いません。これが前提ですが、これまで国会議員として、国民一般の育児休暇の定着や、育児休暇の取得率の向上に努めてきたのでしょうか?

国民一般の育児休暇については無関心で、自分のことになったら権利を主張したいとしたら、それでは国会議員としてどうなの、って話です。

ご自身が育児休暇を求める以上、これからは働きながら出産や育児をしやすく、男性も育児休暇を取得しやすい社会の実現に向けて頑張ってください。

そうでないと、単なる「わがまま」「自己中心的」扱いになってしまいますから。

« 自民党の谷垣氏は野党共闘を批判するけれど、だったら自公政権はどうなの? | トップページ | 日本IBM「社外秘リストラマニュアル」の全貌 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/63109690

この記事へのトラックバック一覧です: 国会議員カップル「育休とりたい」 制度ないけど計画:

« 自民党の谷垣氏は野党共闘を批判するけれど、だったら自公政権はどうなの? | トップページ | 日本IBM「社外秘リストラマニュアル」の全貌 »

無料ブログはココログ