« 犯罪の告発者を「ゲスの極み」「両成敗」と言っている自民党・山東明子議員、頭大丈夫? | トップページ | 創価学会池田名誉会長が語った公明党議員の権力の魔性 »

2016年1月27日 (水)

天理教教祖130年祭

奈良県天理市に本部がある天理教で、2016年1月26日(火)に「天理教教祖130年祭」が行われました。
当日の天気は晴れ。昼からは曇り空にもなりました。
天理教では「教祖」と書いて「おやさま」と呼んでいます。天理教では、教祖中山みき氏は115歳までは本当は生きられるものを人間を助けるのを急ぐために、25年縮めて90歳で身をかくした、と教えています。
天理教の信者でない人からしたら、90歳でなくなられた、というのでしょうが、天理教では、教祖は今も教祖殿にしずまっておられると教えています。
それから数えて2016年が130年目にあたるということです。それが「天理教教祖130年祭」。
10年を節目として、10年ごとに行われています。ということは、次は2026年ですね。
午前10時30分開始、午後2時近くに終了。
朝、9時半頃、近鉄西大寺駅で近鉄天理駅行きの電車に乗り換えようとしたら、ホームには行列。
天理駅行きの電車は混雑。ラッシュアワーの電車に近い状態。赤ちゃんの泣き声が聞こえてきます。
天理駅までの駅に着き、ホームにいる乗客の姿を見るたびに「もう乗れない」と女性の声が聞こえてきます。
近鉄天理駅に着くと、天理教のハッピを着た女子高生らがあいさつで出迎え。
天理本通という天理教本部まで続くアーケード付きの商店街も天理教本部に向かう人で混雑。
並ぶ商店や屋台も活気づいていました。
礼拝場には信者がたくさんでなかなか入れるものではありません。
境内に並ぶ椅子席も満席のような感じ。
韓国や台湾の信者も見受けられます。
平日にも関わらず、若い方も結構見受けられました。
10年に1回の祭事だから、職場や学校を休んで参加したという方もおられるのでしょう。
礼拝場の近くには授乳室やトイレも仮設で用意されていました。
当日は、かぐら面の展示もあり、そちらも盛況で、列をつくっていました。
50年祭のときと、70年祭のときに新調されたかぐら面が展示されていました。
かぐら面を付けて「つとめ」をしたと聞いたことがありますが、実際にかぐら面を見たのは初めてです。
天理参考館を見学。
1階と2階には、特にアジア、たとえば、アイヌ、朝鮮半島、台湾、インドネシアなどの生活、風習、信仰などに関する資料が展示されています。
他の博物館や資料館にはあまり見られない特色があります。
館内は動画撮影は禁止ですが、ストロボを使わなければ展示品の撮影は自由。
3階には日本や中国などの古代の土器や青銅器なども展示されています。
あと、2階に天理教の海外布教に関するものも展示されていました。
「天理参考館」に「天理」の名が付いているからといって、「天理教」に関する展示はかつての海外布教のときの資料くらいで、ほとんどは一般の方向けの展示といっていいでしょう。
ただ、日本国内のものの展示を見ると、天理市や関西が中心になる傾向もありました。たとえば、旅行案内図や私鉄の切符など。
ほかには、収集できなかったのかわかりませんが、江戸期や明治期の錦絵や明治の鉄道開業した頃の切符などは複写(複製)が展示されています。
天理教は幼稚園から大学まで教育機関をもち、天理参考館や天理図書館、病院などももっています。
天理図書館は学術的にも貴重な資料を結構所蔵しています。
午後5時15分、夕づとめの時間。
その時間に間に合うように、信者が礼拝場にあつまり、またも東西南北の礼拝場はたくさんの信者となりました。
よく地理の参考書などを見ると、天理市は宗教都市と書かれていますが、その通りだと思います。
日本の市名で宗教の名前が付いているのは、この「天理市」だけです。
天理に行かれたことのない方からすると、宗教都市とはどのようなものかイメージがつかないかも知れません。
寺院や神社があって門前町があって、その門前町ではお土産店や料理屋が立ち並ぶというイメージではなく、天理教本部を中心に天理教関連の学校や病院、図書館、詰所といわれる信者の宿泊施設などが立ち並んでいます。門前町にあたる天理駅から天理教本部まで続くアーケード付きの商店街もあり、そこには天理教の祭具の専門店や、お土産店、料理屋、そのほか参拝者向けではない店もあります。
いかにも天理教の町という感じです。
天理教では天理教本部の地を「おぢば」と呼び、天理教の祭神・天理王命(てんりおうのみこと)が人間を造った場所として「人類のふるさと」と教えています。ですから、信者にとっては単に礼拝する場所(施設)ではありません。信者の方は天理教本部に行くことを「おぢばがえり」と言っています。特別な場所という位置づけです。
天理教の信仰は別にして、地理学や社会学、宗教学の勉強として、宗教都市とはどのようなものなのか、その典型例を見たいとしたら、天理に行くと理解できると思います。
天理教の礼拝場は信者であるかないかは問わず、誰でも24時間出入り自由で、名前などを記入することもないですし、入場無料です。ただし、境内では撮影は自由ですが、建物の中では撮影は禁止になっています。

« 犯罪の告発者を「ゲスの極み」「両成敗」と言っている自民党・山東明子議員、頭大丈夫? | トップページ | 創価学会池田名誉会長が語った公明党議員の権力の魔性 »

宗教・生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/63661680

この記事へのトラックバック一覧です: 天理教教祖130年祭:

« 犯罪の告発者を「ゲスの極み」「両成敗」と言っている自民党・山東明子議員、頭大丈夫? | トップページ | 創価学会池田名誉会長が語った公明党議員の権力の魔性 »

無料ブログはココログ