« 国会で質問することか | トップページ | 「はちきんガールズ」が人気上がるかも »

2016年1月20日 (水)

消費税10%で負担倍の2万7千円? 財務相が答弁修正

消費税10%で負担倍の2万7千円? 財務相が答弁修正

朝日新聞デジタル 1月20日(水)3時10分配信

2017年4月に消費税率を10%に引き上げた際の国民1人当たりの増税額について、麻生太郎財務相は19日の参院予算委員会で、これまで答弁してきた年額「1万4千円」から、倍近い「2万7千円」に変えた。計算方法を変更したためだが、野党側は「これまで負担を過少に見せかけていた」と反発している。  
麻生氏は答弁で「消費税収の見込み額は税率1%当たり約2・7兆円。機械的に算出すると軽減税率を導入して税率を10%に引き上げる負担増は1人当たり2万7千円程度と見込まれる」と述べた。
これまでの国会答弁では「1万4千円」と繰り返しており、共産党の小池晃氏は「今までの2倍近い。政府の統計は信用できない」と反発。質疑は度々中断した。  
麻生氏の答弁変更は、算出の根拠を変えたことによるものだ。これまで政府は、総務省が毎月約9千世帯を対象に家計の内訳を報告してもらう「家計調査」をもとに計算し、負担増は1世帯当たり3万5千円、1人当たりでは1万4千円と説明していた。
(以上、朝日新聞デジタルから転載了)
結局、国民の負担はかなり高くなるということだ。
それなのに、消費税率が10%になっても家計への影響は少ないように騙していたわけだ。
野党がある程度の議席数をもたないと、政府のでたらめを追及して、政治の脱線、誤りをただせないことをあらためて思う。
「一強他弱」の自民党の独り勝ちで、何でもできると思って、やりたい放題の自民党。「決める政治」とはこんな「やりたい放題」のことだったのか。
「共産党」と「社民党」と「生活の党と山本太郎となかまたち」しか野党として機能していない。
ほかの民主党も維新の党も腰砕け。
おおさか維新や新党改革などの国会での質問を聞くと、自民党にヨイショして、自民党のやりたいことを質問というかたちで後押しをしているだけ。
「是々非々」なんて言ってるが、結局はヨイショ部隊でしかない。

« 国会で質問することか | トップページ | 「はちきんガールズ」が人気上がるかも »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/63554000

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税10%で負担倍の2万7千円? 財務相が答弁修正:

« 国会で質問することか | トップページ | 「はちきんガールズ」が人気上がるかも »

最近の記事

無料ブログはココログ