« トンデモ社会保険労務士 その3 | トップページ | テレビ朝日どうする? »

2016年1月 3日 (日)

慰安婦の日韓合意に反対

2015年の暮れに急転直下のように、慰安婦をめぐり日韓合意したと報道があった。

しかし、合意の文書はないという。

合意の文書がなければ、それこそ後で、言った、言わない、でもめるのは目に見えている。

夫婦や友人などの間にある阿吽の呼吸なるものが外交の場で通用するはずがない。

韓国でも日本でも互いに政府は国民に都合の良いことを言う。

ならば両国民は互いにますます嫌い憎む。

日本側は10億円を一回で拠出する。それだけの多額の拠出で問題が解決するならばともかくも、文書がない以上、火種を残したどころか、新たな火種をつくったと言える。

約束(合意)の内容が文書にされないなど有りえない。

もし後で韓国民の一部が、慰安婦の問題でデモや慰安婦をイメージした少女像を設置するなど新たな行動を起こしたら、韓国政府は国民に慰安婦の問題は解決したからと彼ら韓国民を鎮静させるのか。

おそらく国民の世論に押されて、再び慰安婦の問題を日本側が誠実に解決に向かわせようとしていないなどと持ち出すのではないか。

その時、日本国民の中では、10億円を拠出した上に、更なる要求をされたと、韓国への不信感や嫌悪感は高まり、両国の友好関係は今以上に壊れる。

だから、互いの政府、国民のためにも文書をつくらなくてはならないのだ。

« トンデモ社会保険労務士 その3 | トップページ | テレビ朝日どうする? »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/63288249

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦の日韓合意に反対:

« トンデモ社会保険労務士 その3 | トップページ | テレビ朝日どうする? »

最近の記事

無料ブログはココログ