« 丸山和也議員、「売国奴」「国賊」に非公式認定 | トップページ | 国会議員の失言は誤解か? »

2016年2月19日 (金)

丸山議員奴隷発言:止まらぬ失言…自民、緩みっぱなし

丸山議員奴隷発言:止まらぬ失言…自民、緩みっぱなし
◇丸山議員は委員辞任 選挙戦略への影響懸念の声も

 自民党の丸山和也参院議員は18日、オバマ米大統領を念頭に「黒人の血を引く。奴隷ですよ」などと発言した責任を取り、参院憲法審査会の委員を辞任した。谷垣禎一幹事長らが引き締めに躍起になっているのに、同党議員の失言は止まらない。安倍晋三首相が描く選挙戦略への影響を懸念する声も出始めた。

 谷垣氏は18日、丸山氏に「足をすくわれることがないよう発言には注意するように」とくぎを刺した。丸山氏はこの日、部会長を務める党法務部会を「さまざまな予定」(部会関係者)で欠席した。

 一方で記者団の取材には応じ、「真逆の批判をされているとしたら非常に不本意だ。人種差別の意図はまったくない」と正当性を強調。民主、社民、生活3党が議員辞職勧告決議案を参院に共同提出したことに対しても「良心において恥じることはない。受けて立つ」と言い切った。

 自民党では、丸川珠代環境相が東京電力福島第1原発事故による除染の長期目標を「何の科学的根拠もない」と発言し、12日に撤回した。島尻安伊子沖縄・北方担当相は記者会見で北方四島の「歯舞」を読めないという失態を演じた。

 さらに18日の衆院予算委員会では、民主党議員が丸山氏の発言を追及した際、自民党の長坂康正衆院議員が「言論統制するのか」とやじを飛ばす場面も。見かねた小此木八郎国対委員長代理は長坂氏を口頭で注意した。

 自民党は17日に各派閥の事務総長を集め、引き締めを図ったばかりだった。ある派閥会長は18日、「大勢の議員が当選して『自民1強』になり、目立ちたい人が出てきたのではないか」と指摘。岸田文雄外相も岸田派会合で「マスコミの目はますます厳しくなる」と改めて注意喚起した。

 公明党の漆原良夫中央幹事会長は18日の記者会見で「(発言を)撤回すれば済む問題ではない。こういうことが重なりボディーブローのように政権に響く」と不満を表明した。

 同党幹部は「支持者から『なぜ自民党を止められないのか』とわが党まで批判を受けかねない」。夏の参院選と衆院選の同日選が取りざたされる中、「こんな状況で解散などできない」と首相をけん制する声も出ている。【田中裕之、横田愛】

 ◇丸山和也氏の17日の発言要旨

報道陣に対し、自身の発言について弁明する丸山和也参院議員=東京都千代田区で2016年2月18日午後4時51分、喜屋武真之介撮影© 毎日新聞 報道陣に対し、自身の発言について弁明する丸山和也参院議員=東京都千代田区で… 

 例えば日本が米国の51番目の州になることについて憲法上、どのような問題があるのか。そうすると集団的自衛権、日米安保条約も問題にならない。拉致問題すら起こっていないだろう。米下院は人口比例で配分され、「日本州」は最大の選出数になる。日本人が米国の大統領になる可能性がある。例えば米国は黒人が大統領だ。黒人の血を引く。これは奴隷ですよ、はっきり言って。当初の時代に黒人、奴隷が大統領になるとは考えもしない。これだけダイナミックな変革をしていく国だ。

 ◇丸山氏の18日の釈明

<米国の51番目の州>

 参院憲法審査会で参考人から「大統領制を導入すべきだ」と言われた。日本的にいえば首相公選制だ。2院制で大統領制を持つ国の代表として米国を引き合いに出した。

<米大統領関連>

 自己変革があり今の米国が生まれたことをたたえるつもりで話した。人種差別だという真逆の批判は非常に不本意だ。私はマーチン・ルーサー・キングを尊敬している。

<野党の議員辞職要求>

 良心において恥じることは何もない。良心対良心の問題なので受けて立つつもりだ。

(以上、毎日新聞より転載 了)

自民党のなかの、「自民党はなんだかんだといって勝てる」、この傲慢さが「失言」「暴言」を生んでいるのでしょう。

そして、「失言」「暴言」をしても丸山和也議員、丸川珠代議員、高市早苗議員のような、自らの非を認めようともしない更なる傲慢さをつくっているのでしょう。

「誤解を与えたことをお詫び申し上げます」

丸山和也議員、丸川珠代議員、高市早苗議員の言葉で聞いた国民が「誤解」したのではありません。国民が「誤解」する以前の「失言」「暴言」です。

そんな理屈が通ったら、学校の先生が生徒(児童)に「窓から飛び降りて死んでしまえ」と言って、その発言が問題になったら、「誤解を与えたことをお詫び申し上げます」だの「生徒を励ますつもりで言いました」で済むのでしょうか、ということです。

自らを律しない人なのに大衆の支持を受けたとき、暴君になり、その政治は恐怖政治、独裁政治に堕ちていくのです。

自民党を「保守政党だから支持する」という方も多いです。

しかし、本当に自民党は「保守政党」なのでしょうか?

少なくても、以前の自民党とは違うものになっているのでないですか?

安倍氏のいつも手は、民主党に対しては「民主党政権の時よりも良くなっている」と言い、あるいは、「民主党も同じことを言った」と言い、結局、都合のいいように民主党の名前を利用して、民主党を悪玉にしているだけで、現政権の現実と展望を語りません。

それに釣られて、自民党に非があっても、「民主党よりもまし」で済ませている国民にも問題があります。

« 丸山和也議員、「売国奴」「国賊」に非公式認定 | トップページ | 国会議員の失言は誤解か? »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

 このようなことを平然とした顔で言ってのけ、後から「そんな意味でなかった」なんて弁解しているような議員が自民党は多すぎる。こんな不良議員ばっかりで国民を欺いてきた安倍政権、何故支持される?何かにつけて「民主党時代はこうだった、ああだった」と
総理大臣が言う言葉じゃないですね、小学生以下です。こういう不良議員たちがどんどん日本を悪く、住みにくくしていることに気づいていない人たちがあまりにも多い、野田元総理との約束をちゃんと果たすこともせず、自分に都合の悪いキャスターたちを次々に
追い出す、こんな独裁政党は北朝鮮と変わらないではないか、と私は思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/64034114

この記事へのトラックバック一覧です: 丸山議員奴隷発言:止まらぬ失言…自民、緩みっぱなし:

« 丸山和也議員、「売国奴」「国賊」に非公式認定 | トップページ | 国会議員の失言は誤解か? »

無料ブログはココログ