« 景気回復の次は憲法改正って | トップページ | セブンイレブン本社にとってチェーン店のオーナーって何 »

2016年2月10日 (水)

宮崎謙介議員の不倫をめぐって その1

「育休議員」宮崎謙介氏、妻入院中にタレントと「不倫」報道 「何がイクメンだ」の声ネットで噴出

2016年2月9日(火)19時50分配信 J-CASTニュース

記事画像

[ 拡大 ]

育児休暇を求めて論議となった自民党の宮崎謙介衆院議員(35)が、妻の出産入院中に女性タレント(34)と不倫していたと、週刊誌などが報じた。ネット上では、何を考えて育休を取ろうとしたのか、と疑問の声が噴出している。

宮崎議員の「不倫」を報じたのは、2016年に入ってスクープを連発している週刊文春だ。

京都の自宅に女性を招き入れて1泊?

発売前日の2月9日に載った文春サイトの記事によると、宮崎氏は1月30日、京都市内の自宅に東京から訪れた女性タレントを招き入れ、女性は1泊して帰った。宮崎氏は、この6日後の2月5日、妻で同じ自民党の金子恵美衆院議員(37)が都内の病院で男児を出産したときに立ち会っている。

宮崎氏の「不倫」については、文春が報じる情報があると、スポーツニッポンが9日朝に先立って記事にしている。

それによると、宮崎氏が女性を自宅に入れたとき、妻の金子氏はすでに入院中だった。自民党でも、宮崎氏のことをすでに把握しており、宮崎氏が所属する二階派が本人に事情を聴いていると関係者が明かしたという。

宮崎氏は09年、加藤紘一元自民党幹事長の長女の加藤鮎子衆院議員(36)と結婚から3年で離婚しているが、このときは、宮崎氏の女性問題が原因で加藤氏から離婚を求められたと記事には書かれている。

宮崎氏が女性と密会していたとされる1月30日は、宮崎氏のブログを見ると、京都市長選の応援演説で地元に戻っていた。相手の女性がだれなのかは、文春にも書かれていないが、文春が宮崎氏に電話取材した直後に、女性タレントのブログやツイッターから30、31日両日の記述が削除されたという。

こうした情報から、ネット上では、女性タレントの名前が具体的に指摘された。

妻の事務所「こちらでは分からないです」

この女性タレントのブログを見ると、確かに記述が削除されており、残っていたキャッシュを見ると、京都に旅行に行ったことが書かれていた。宮崎謙介、金子恵美夫婦が1月4日に国会へ和服姿で登院したとき、女性は、着物の仕事で議員会館へ行ったとツイッターに書いていた。同時に、宮崎氏のツイッターをフォローしていたことから、この日に知り合ったのではないかとみられている。なお、女性のツイッターは現在、非公開設定になっている。

しかし、文春によると、宮崎氏は、女性タレントのことは知らないと答え、「勘弁してくださいよ。どういう時期か分かってるでしょ!」と反論したという。

フジテレビ系ニュース「FNN」によると、宮崎氏は、2月9日の衆院本会議の前には、「お騒がせして申し訳ございません」と取材に話し、事実関係は「また説明いたします」と答えた。本会議には出席したものの、新聞各紙によると、終了後に記者団に囲まれると、何も答えずに走って車に乗り込んだという。

J-CASTニュースでも、宮崎氏の国会事務所に取材したが、何度かけても留守番電話に切り替わった。金子氏の国会事務所では、「ニュースに出ているのは承知していますが、まったくこちらでは分からないです」と秘書が答えた。

ネット上では、宮崎氏への疑問や批判が相次いでおり、「何がイクメンだw」「不倫したいから育休とったの?」「本当なら議員生命終わったな」などと次々に書き込まれている。

(以上、転載了)

こんな体たらくした自民党議員が憲法改正したいと言っています。

自民党の憲法草案を読んでみてください。

家族の相互扶助義務まで入っているのです。

戦前の道徳の教科書かよ、って言いたいです。

家族の相互扶助義務とか明文化して、宮崎議員のような妻が出産で入院中だというのに、それをチャンスとばかり、京都の家に女性を連れ込んで一晩明かしています。

こんな議員のいる自民党が「家族の相互扶助義務」なんかを憲法に入れたいなどふざけているのですか。

国民に憲法で「家族の相互扶助義務」なんて規定する前に、自民党の内で罰則付きで「家族の相互扶助義務」や「貞操の保持義務」、「公私混同の禁止」を明文化してほしいものです。

それだけでなく、この女性タレントは一般人では入れない場所にも行っているのです。

これは宮崎議員の「口きき」か。

不倫どころか、公私混同も甚だしい。

議員の立場を利用して、愛人に便宜を図るなんて、やったらいけないでしょ。

「公」と「私」とが区別できない人が議員をやったらいけません。

そのうちスーツの内ポケットに封筒を入れたことも忘れてしまうほどになるのですから(それは甘利議員か)。

« 景気回復の次は憲法改正って | トップページ | セブンイレブン本社にとってチェーン店のオーナーって何 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/63880674

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎謙介議員の不倫をめぐって その1:

« 景気回復の次は憲法改正って | トップページ | セブンイレブン本社にとってチェーン店のオーナーって何 »

最近の記事

無料ブログはココログ