« 田母神俊雄氏のFacebookへのコメントを読んで。 | トップページ | 保育士の待遇改善をしなくて待機児童ゼロなんてありえない »

2016年3月10日 (木)

それならば自公政権は

野党共闘批判で広報ビラ=自民

2016年3月9日(水)20時6分配信 時事通信

 自民党は9日までに、夏の参院選に向けた野党共闘の動きをけん制する広報ビラを作成した。野党統一候補を「打算と思惑の産物で、民共合作候補」と批判する内容。今後、各選挙区支部などを通じて配布する。
 この中では、統一候補について「当選しても、どの政党に所属するのか。選挙後に有権者の意思とは異なる政治行動を取ることになりかねない」と指摘。「戦うのは、(民主党など)ひ弱な野党ではなく、ひそかに勢力拡大をもくろむ共産党だ」として、「自共対決」に力点を置いた。 
(以上、転載了)
それならば、自民党と公明党との連立政権も「打算と思惑の産物」ではないのですか?

« 田母神俊雄氏のFacebookへのコメントを読んで。 | トップページ | 保育士の待遇改善をしなくて待機児童ゼロなんてありえない »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/64377863

この記事へのトラックバック一覧です: それならば自公政権は:

« 田母神俊雄氏のFacebookへのコメントを読んで。 | トップページ | 保育士の待遇改善をしなくて待機児童ゼロなんてありえない »

無料ブログはココログ