« 北海道5区補欠選挙で野党連合が負けた理由 その1 | トップページ | 北海道5区補欠選挙で野党連合が負けた理由 その3 »

2016年4月25日 (月)

北海道5区補欠選挙で野党連合が負けた理由 その2

(前回につづく)
民進党支持の保守層は共産党と協力するとか以前に逃げてしまったのです。
そもそも民進党の支持率自体を民進党の議員は見たらいいのです。
そんな支持率で、自民党がこけたら、次は自分の番だくらいに思っている、そんな本気さのない姿勢が国民に嫌気がさされているのです。
実力に伴なわない、なまじかな自信、根拠のない自信(プライド)にしがみつくのではなく、共産党から選挙協力を持ちかけられたら、それをいかに活かしていったらいいのかに真剣になるべきです。
共産党には悪いですが、民進党にとっては、鴨がネギを背負って来てくれているような場面ですよ。
それを追い返すばかりのつれない態度の民進党。
「民進党から立候補させるから、共産党は黙って候補者を引っ込ませておいてほしい」とばかりの言葉もこれまでありました。
ですから、何度も言いますが、民進党に独自で自民党に勝てる実力・支持はないってこと。
あまりの自惚れに呆れます。
北海道5区選挙で、民進党の候補が負けたのは共産党の応援があったからではありません。
民進党にとって知るべきは、共産党や社民党、生活の党と山本太郎となかまたちの全面的な支援を受けても、それでも民進党はまだ自民党と公明党と新党大地が合わせた力に到底勝てない、それだけしか民進党には実力しかないということです。
ですから、民進党はくだらないプライドや、根拠のない自信を捨てて、共産党や社民党、生活の党と山本太郎となかまたちを巻き込んで、次の選挙までに態勢を整えるしかありません。
(つづく)

« 北海道5区補欠選挙で野党連合が負けた理由 その1 | トップページ | 北海道5区補欠選挙で野党連合が負けた理由 その3 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/65156118

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道5区補欠選挙で野党連合が負けた理由 その2:

« 北海道5区補欠選挙で野党連合が負けた理由 その1 | トップページ | 北海道5区補欠選挙で野党連合が負けた理由 その3 »

無料ブログはココログ