« 舛添都知事一行の欧州出張費5000万円は高すぎるのか 「豪遊批判」に東京都が説明した明細は... | トップページ | カップヌードルCMをめぐる日清食品へのクレーム問題を考える »

2016年4月 9日 (土)

TPPの文書が全部黒塗り、それでは審議ができるはずもない

TPP暴露本「自分が書いた」 西川委員長の“肉声”マイクに

2016年4月9日(土)15時2分配信 日刊ゲンダイ

連日、大荒れとなっている衆院TPP特別委員会。8日も、安倍内閣のヒドイ対応に反発した民進党は途中退席している。
 民進党は7日に引き続き、特別委の西川公也委員長が出版する予定だった著書「TPPの真実―壮大な協定をまとめあげた男たち」(中央公論新社)について追及。出版中止とも報じられた本のゲラを示し、「西川委員長の執筆に協力した役人はいるか」などと問いただした。ところが、TPP担当の石原伸晃大臣が、「(本物の)ゲラかどうか確認できない」などと、くだらない抵抗をしたために民進党が反発したのだ。
 しかし、西川委員長が書いたのは明らかだ。民進党が退席した直後、西川委員長が、自ら認めてしまったのだ。
「野党が委員会室から退席したら、普通は委員長が速記を止め、マイクのスイッチも切るものなのに、西川委員長は速記も止めずに、あの本は自分が書いたと雑談をはじめてしまったのです。その声をマイクがバッチリ拾っています」(自民党関係者)
 マイクに気づかなかった西川委員長は、こう話している。
「あれは全部文書からはね。いまの新しいやつは消えているんですよ」 「自分できれいに整理したやつじゃなくて、一番古いのが出てるんですよ」 「書きなぐったやつが」
 要するに、民進党が入手したゲラは完成版じゃないということらしい。しかし、いずれにしろ、西川委員長が書いたのは確かだ。本には「(TPP)交渉の成否は農林水産関係の譲歩にかかっていた」などと、書かれているのだから農家は救われない。
(以上、転載了)
自民党は「TPP断固反対」とポスターを特に農村部にべたべた貼って、たとえば稲田朋美氏はTPPを「日本の国柄にかかわる」とまで言って、きっぱり反対(これは私のブログでも詳細を取り上げていますから、そちらもご覧ください)。
それなのに選挙で勝ったら、安倍首相いわく「国民の理解が得られている」ときました。
詐欺もいいところです。
消費税率引き上げ延期をわざわざ争点にして選挙して、それで勝ったら、安保法制も国民の理解が得られているときました。
もう勝てば何でも「白紙委任」を得たような言い方。
詐欺で勝って、あとは独裁です。この繰り返しで延命している政権が安倍政権ではないですか。
「決める政治」が良いって意見もありますが、民主主義って、それぞれ考えていることが違うから、決めるまでに喧々諤々(けんけんがくがく)話し合ってまどろっこしいのです。それが民主主義です。まどろっこしいのが当たり前なのです。
しかし私たちは「簡単」「即決」を求めすぎたために「決める政治」という名で、野党や国民の声に耳を傾けないで決める「独裁」を許す土壌になってしまっているのです。

« 舛添都知事一行の欧州出張費5000万円は高すぎるのか 「豪遊批判」に東京都が説明した明細は... | トップページ | カップヌードルCMをめぐる日清食品へのクレーム問題を考える »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

>TPPの文書が全部黒塗り

黒塗りのない文書が政府サイトで公開されています。

http://www.cas.go.jp/jp/tpp/naiyou/

公開文書を無視して、非公開と分かっている文書をわざわざ要求して、黒塗りと騒いでも意味がありません。

> 黒塗りのない文書が政府サイトで公開されています。
>
> http://www.cas.go.jp/jp/tpp/naiyou/
>
> 公開文書を無視して、非公開と分かっている文書をわざわざ要求して、黒塗りと騒いでも意味がありません。

ならば黒塗り文書を出す意味は何なのですか?
公開すべき所を非公開にしているからこその要求じゃないのですか?

>ならば黒塗り文書を出す意味は何なのですか?

報道によれば、政府側は事前に黒塗りになると回答しています。
それでも良いから出せと要求したのは他ならぬ民進党です。
公開されている文書を無視して、黒塗りと分かっている文書を要求し、その黒塗りの文書しか採り上げない方が異常です。
報道によれば、安倍総理は(公開された)条文の中身で議論すべきだとも言ってますね。

>公開すべき所を非公開にしているからこその要求じゃないのですか?

ネット上で5分もあれば誰でも簡単に見つけられる情報の一体何が「非公開」なのですか?
まともに議論できないから重大情報が隠されているという印象操作で時間稼ぎしているだけでしょう。
だから、故意に黒塗りと分かっている文書を取り寄せて、そちらしか採り上げないのですよ。
こんな酷い印象操作に比べればまだ牛歩戦術の方がマシです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/64890402

この記事へのトラックバック一覧です: TPPの文書が全部黒塗り、それでは審議ができるはずもない:

« 舛添都知事一行の欧州出張費5000万円は高すぎるのか 「豪遊批判」に東京都が説明した明細は... | トップページ | カップヌードルCMをめぐる日清食品へのクレーム問題を考える »