« オスプレイを熊本地震でデモンストレーションに使う安倍総理 | トップページ | 北海道5区補欠選挙で野党連合が負けた理由 その1 »

2016年4月23日 (土)

弔い合戦って要は世襲制家業宣言のこと

2016年4月24日、北海道5区で衆議院議員の補欠選挙が行われます。

自民党公認候補の和田義明氏は、2015年6月に亡くなった町村信孝氏の娘婿。

その和田氏は盛んに「今回の選挙は弔い合戦」と訴えます。

これって、議員は世襲制の家業だと言っているようなものです。

議員を家業感覚でやられたら困ります。

江戸時代の職業や身分の世襲制かよって話。

親が議員だから子も議員やりますって。

それでいいのか。いいわけがありません。

やはり政策や理念が先ずあるべきものでしょ。

それを義父の町村信孝氏が亡くなったから、次は娘婿の私がやりますって、これって世襲制の家業宣言ではないですか。

こうやって理念もモラルも政策もない人でも、血筋だけで議員になって国益を害する弊害をもたらしてきたのが、今の自民党政治ではないですか。

まして、自民党の公認をもらえるよう、公認から外れないように、自らの理念もモラルも蓋して、自民党総裁のご機嫌取りに徹しているのです。

でも、そんな政治に自分の一票で意思を示さない国民の不甲斐なさに根本の責任があります。

« オスプレイを熊本地震でデモンストレーションに使う安倍総理 | トップページ | 北海道5区補欠選挙で野党連合が負けた理由 その1 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/65128282

この記事へのトラックバック一覧です: 弔い合戦って要は世襲制家業宣言のこと:

« オスプレイを熊本地震でデモンストレーションに使う安倍総理 | トップページ | 北海道5区補欠選挙で野党連合が負けた理由 その1 »

無料ブログはココログ