« 幸福の科学の大川隆法氏と北朝鮮の金正恩氏に共通するもの その2 | トップページ | 橋下徹氏「舛添さんばかりを追及するのは報道機関の怠慢だ!」 »

2016年5月16日 (月)

葬儀、派遣会社が頼り 登録の僧侶「檀家だけでは無理」

葬儀、派遣会社が頼り 登録の僧侶「檀家だけでは無理」

岡田匠

2016年5月16日13時44分

江戸時代、徳川吉宗の弟の上人(しょうにん)が創建したと伝わる大阪市天王寺区の柳谷観音大阪別院泰聖(たいしょう)寺。副住職の純空壮宏(じゅんくうそうこう)さん(38)は4年前、ある決断をした。
「お寺はじめました」 僧侶ら、都市部でゼロからの挑戦  
僧侶派遣会社に登録。会社に申し込みのあった通夜や葬儀を紹介してもらうことにした。葬儀代は遺族から葬儀場で受け取る。葬儀代が16万円の場合、読経や戒名などのお布施として9万5千円を受け取り、残りは紹介料として派遣会社に渡す。派遣会社の紹介料は課税されるが、お布施は非課税だ。  
8年前、住職の叔父が倒れたため得度した。檀家(だんか)は70軒で、葬儀は年1、2件。月収は約10万円しかなく、兼業するケアマネジャーの収入でしのいだ。「葬儀や法事を紹介してほしい」。約1年間、大阪のほとんどの葬儀社に「営業」したが、効果はなかった。  
現在は五つほどの派遣会社から紹介を受ける。昨年、120件の葬儀を紹介され、約1千万円を得た。葬儀後は一周忌や三回忌の法要も受け付け、最終的には境内の永代供養墓を申し込んでもらう。日常的に寺とつき合いのない人たちとの接点が生まれた。「派遣は新たな信者を増やすきっかけ。檀家に頼るだけでは、小さな寺はやっていけない」
(以上、朝日新聞デジタルより転載 了)

« 幸福の科学の大川隆法氏と北朝鮮の金正恩氏に共通するもの その2 | トップページ | 橋下徹氏「舛添さんばかりを追及するのは報道機関の怠慢だ!」 »

宗教・生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/65516400

この記事へのトラックバック一覧です: 葬儀、派遣会社が頼り 登録の僧侶「檀家だけでは無理」:

« 幸福の科学の大川隆法氏と北朝鮮の金正恩氏に共通するもの その2 | トップページ | 橋下徹氏「舛添さんばかりを追及するのは報道機関の怠慢だ!」 »

無料ブログはココログ