« 幸福の科学での植福(献金、布施)を考える その1 | トップページ | 舛添さんが「公明党」に見捨てられた、本当の理由 »

2016年6月21日 (火)

今年の流行語大賞は「アベる」かな?

子どもの間で「アベる」が流行? 社民・吉田党首演説を調べてみると...

2016年6月20日(月)19時57分配信 J-CASTニュース

社民党の吉田忠智党首が、2016年6月19日の街頭演説で「アベる」という目新しい言葉を使いながら安倍政権を批判した。「ごまかす、開き直る、はぐらかす」という意味らしく、「最近学校の子どもの間で」「流行っている」のだという。

かつては新聞のコラムが「アタシ、もうアベしちゃおうかな」という言葉が「流行語」だとして紹介。コラムでは「仕事も責任も放り投げてしまいたい心情の吐露」だと説明されたが、「『アベする』は本当に流行語なのか」などと疑問が多数出て「炎上状態」になったこともある。

「子どもの皆さんにそういう言葉が流行っているというのは深刻ですよ」

吉田党首はJR有楽町前で行われた野党4党と市民連合による合同街頭演説会に出席。学生団体「SEALDs(シールズ)」の中心メンバー、奥田愛基さんから紹介される形で街宣車に上がった。吉田党首は冒頭のあいさつもそこそこに、

「私、最近気になる言葉が2つあります。ひとつは、これまでの約束と異なる『新しい判断』。誰が言ったと思いますか?(聴衆から『あべさーん!』の声)そうですよ!6月1日の記者会見の時に、消費増税を延期するときにそういう発言をしました」

などと、「気になる言葉」のひとつとして「新しい判断」を挙げた。波紋を広げているのが2つ目の「気になる言葉」だ。吉田党首は続けて

「最近学校の子どもの間で、『アベる』という言葉が流行っているそうです。どういう意味か。ごまかす、開き直る、はぐらかす。こういう...子どもの皆さんにそういう言葉が流行っているというのは深刻ですよ」

と演説した。聞いていた聴衆の間からは、「アベる」発言の直後、「ハハハハ...」という笑い声が起きたが、演説を中継していたニコニコ動画には「聞いたことない」「流行ってない」 といったコメントが相次いだ。

いったい、「アベする」「アベる」という単語は、どの程度使われているのか。

報道直後に「アベする」「アベる」の検索回数が伸びる

安倍首相が第1次政権で辞意を表明したのが07年9月12日で、前出の「アベする」を紹介して炎上した朝日新聞のコラムは9月25日の紙面に掲載された。

ある言葉が流行していれば、なんらかの形で検索数に反映されると思われるため、グーグルの「グーグルトレンド」と 呼ばれる機能で「アベする」の検索回数の推移を調べてみた。

ネット上で「アベする」という言葉は、07年の朝日新聞のコラム掲載直後から多数検索され、結果的にネット利用者の関心を集めたことがわかる。逆に、07年8月以前はほとんどなく、10月が最も多かった。10月時点の「アベする」の検索回数を100とすると、「アベる」の検索回数は77だった。

だが、07年11月には「アベする」74、「アベる」58と急激に減少し、12年12月の第2次安倍政権発足以降は両単語ともに0~1の低空飛行が続いてきた。

今回の吉田党首の演説が行われたのは16年6月19日11時頃。それまでほとんどなかった「アベる」の検索回数の推移を見ると、17時30分頃から検索回数が突然増え始め、21時30分頃をピークに再び減少に転じている。吉田党首の演説の結果、「アベる」という言葉が拡散し、検索した人が急に増えたということのようだ。

(以上、転載了)

私は以前、このブログで「アベる」の意味と用法を国語辞典風に10紹介しました。

安倍氏のウソを平気につく、聞かれたことでないことを長々と話す、開き直る、相手が女性だと横柄な態度にでる、こういった安倍氏そのものが「アベる」になっているのです。

« 幸福の科学での植福(献金、布施)を考える その1 | トップページ | 舛添さんが「公明党」に見捨てられた、本当の理由 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/66132591

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の流行語大賞は「アベる」かな?:

« 幸福の科学での植福(献金、布施)を考える その1 | トップページ | 舛添さんが「公明党」に見捨てられた、本当の理由 »

無料ブログはココログ