« 速報 舛添氏東京都知事を続投の意思表明 | トップページ | 谷亮子氏、何を考えてるのか? その1 »

2016年6月 9日 (木)

幸福の科学の大川隆法氏と北朝鮮の金正恩に共通するもの その5

(前回のつづき)
 
これまでは、大川隆法氏のエピソード、伝説なるものをみてきましたが、今回は北朝鮮の金正恩氏の「伝説」をみてみます。
 
ネットに北朝鮮の金正恩氏の「伝説」が挙げられています。
 
以下はその転載です。
 
金正日総書記の死去を受けて、北朝鮮の最高指導者に就任した金正恩氏。生まれてからこれまでの伝説が記された初の業績集が発行されるそうです。
3歳から銃を扱うなど、驚きなエピソードが満載です。 北朝鮮の平壌放送は13日、金正恩第1書記が幼少期から銃を扱ったり、車を運転したりして周囲を驚かせたとのエピソードや、指導業績をまとめた書籍「先軍(軍事優先)革命指導を継いで」の第1巻が発行されたと報じた。
金正恩第1書記 1983年1月8日生まれ。 2011年12月17日の金正日死去を受けて、最高指導者に就任した。 北朝鮮の総書記神格化について 白頭山頂上に広がるカルデラ湖、天池。 金正日は北朝鮮の聖地、白頭山でこの世に生を受けたとされる。偉大なる指導者誕生の予兆として、空に二重の虹がかかり、光り輝く新星が現れた。
※実際は、シベリアの町ヴャーツコエで生まれた。
銃の扱いや運転に人並以上の技術を持つらしい。
3歳の時に銃射撃を覚え、9歳の時には動く標的に命中させた 出典 サーチナ
3歳で車が運転できるようになり、8歳になる前に大型トラックを運転 出典 ロケットニュース24
曲がりくねったでこぼこ道を時速120キロメートルで走って目的地まで無事についた。
バスケットボールが得意で、プロの選手に勝ったことがある 出典 サーチナ
軍事訓練の指導で自ら戦車を操縦した 出典 MSN産経ニュース
金正恩の博識を象徴した伝説 北朝鮮軍部が宣伝に力を入れている。
国際政治や軍事、経済、芸術、科学技術、歴史、建築など広い分野に精通する 出典 MSN産経ニュース
16歳で軍事戦略に関する論文を書き上げた 出典 アサ芸プラス
1日3.4時間程度の睡眠時間で勉学に励み、食事を抜くこともあった 出典 アサ芸プラス
人としての能力以上の伝説もあるらしい。 テドク山哨所に滞在する軍人たちが水がなくて苦労している時、ある若者が現れて鉄パイプを打ち込み地下水を汲み出した 出典 韓国はいま その若者こそが、キム・ジョンウン大将だった。 テドク山哨所とは、韓国との国境にある休戦ライン西北地域。 著名な預言者が正恩氏を見るやいなや「一国家を治めるだけでなく世界的な大人物になるでしょう」と言った
 
(以上、転載了)
 
つまりは、失敗もする挫折もするといった普通の人間像とはかけ離れた、生まれながらにして「優秀」で「卓越」した存在に仕立てています。
 
これは北朝鮮の金正恩氏の話ですが、日本では例えば、前の記事でも挙げた幸福の科学の大川隆法氏などにも同じにおいがしてきます。
 
こうやって、神格化させ、絶対の存在にしていくのでしょう。
そして一方で、幼い頃、若い頃の自分の実像を知る人物は、自分自身の「輝かしい伝説」を守るために、親族や友人であろうとも「排除」、あるいは国家権力者であれば「粛清」さえもするのです。 大川氏の旧知の友といえる人、たとえば、友人とか元同僚といった人が幸福の科学の会員や役員となっているでしょうか。 現役会員の方でも元会員の方でも、この件をお知りならば教えてください。 私が知る限り、大川氏の旧知の人は登場したのを知りません。 もしかしたら、大川氏にとって登場して欲しくない存在が、徳島県川島にいた頃の近所の人や、同級生、総合商社トーメンに務めていた頃の上司や同僚ではないでしょうか。
 
(つづく)

« 速報 舛添氏東京都知事を続投の意思表明 | トップページ | 谷亮子氏、何を考えてるのか? その1 »

幸福の科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/65466776

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の科学の大川隆法氏と北朝鮮の金正恩に共通するもの その5:

« 速報 舛添氏東京都知事を続投の意思表明 | トップページ | 谷亮子氏、何を考えてるのか? その1 »

最近の記事

無料ブログはココログ