« 幸福の科学・大川隆法氏、舛添要一東京都知事をやってみた  その3 | トップページ | 消費税増税延期で »

2016年6月 2日 (木)

市川海老蔵氏、本当に得度したのか?

歌舞伎役者の市川海老蔵氏が千葉県の成田山新勝寺で「得度」したと、自身のブログに書いています。

しかし、普通に考えると、得度を受けるには師匠となる「師僧」を見つけ、その「師僧」から得度を受けるための手続きをしてもらう必要があります。

そして、得度を受けた以上、僧侶としての名前を受けることになるのですが、海老蔵氏はそのことも全く触れていません。

僧侶になるための「得度」を受けるには、そのための前段階があるはずなのに、ブログの書き方だと、そういう前段階がなく、ふとリフレッシュでお寺を訪れて「得度」したみたいな書き方です。

それに、「得度」を受けたとすれば、「得度式」などと呼ばれる式を受けたはずです。

それについても、海老蔵氏はブログで触れていません。

いくら市川家と関係がある成田山新勝寺でも、そんなことはないと思うのですが。

私は海老蔵氏は、在家としての「受戒」を僧侶になるための「得度」と勘違いして書いたのではないかと思うのです。

そもそも市川家は、歴代が、教派神道十三派のうちの一つ、神習教の教師になったことから、代々、神習教の信者なのです。

海老蔵氏のお父さま・団十郎氏が亡くなった後の儀式も神習教の祭式で行ったことを海老蔵氏はブログで書いています。

「得度」したということは成田山新勝寺(真言宗智山派)の僧侶になったのですから宗旨替えしたのでしょうか。

« 幸福の科学・大川隆法氏、舛添要一東京都知事をやってみた  その3 | トップページ | 消費税増税延期で »

宗教・生き方」カテゴリの記事

コメント

私は霊感者で神仏様から必要に応じて、霊示を受けます。 ・・・先祖から永年伝わった宗派を変える事は、木の根っこを切るようなもので、当然 根を切られた木は、水や養分を
得られなくなり枯れていきます。代々、いろんな理由があっても、どんな時も永年続けてきたご先祖様の意思を無視して、勝手に違う宗派に変えるわけですから、ご先祖様も悲しまれますでしょうし、また自らの命の綱も絶ってしまうことなのです。私も彼は成田山だと思っていましたので、葬儀の宗派をテレビで聴いて・・・やはり、そうだったのか と思いました。
  大変、残念です。今後のご子孫様の平穏を祈ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/65807369

この記事へのトラックバック一覧です: 市川海老蔵氏、本当に得度したのか?:

« 幸福の科学・大川隆法氏、舛添要一東京都知事をやってみた  その3 | トップページ | 消費税増税延期で »

無料ブログはココログ