« 幸福実現党演説の聴衆から幸福の科学の会員数を考える その1 | トップページ | 幸福実現党演説の聴衆から幸福の科学の会員数を考える その2 »

2016年6月30日 (木)

ヤマト運輸を装った不審メール出回る 添付ファイルを開かないよう注意

ヤマト運輸を装った不審メール出回る 添付ファイルを開かないよう注意

ねとらぼ 6月30日(木)10時6分配信

ヤマト運輸をかたる不審なメールが出回っているという報告が、ユーザーから上がっている。

 「宅急便お届けのお知らせ」などの件名で、ヤマト運輸の「お届け予定eメール」を装ったもので、添付ファイルを開くと不正プログラムがダウンロードされるというもの。ヤマト運輸から送られる「お届け予定eメール」と同じ「件名」や「差出人アドレス」が表示されているため、うっかり添付ファイルを開いてしまう可能性がある。

 ここ数日、30日着で荷物が届くといった内容のメールが不特定多数に送信されており、ヤマト運輸も事態を把握。公式サイトなどで「絶対に添付ファイルを開かず、削除いただきますようお願いします」と注意喚起している。不審メールにはZIP形式のファイルが添付されているが、ヤマト運輸からの「お届け予定eメール」には添付ファイルはない。

 同様の手口で日本郵政をかたる不審なメールなども出回っていた。
(以上、転載了)
私のケータイにもよく不審メールの着信があります。
「YAMATO」とか「不在通知」とありました。
それも技術的な理由はわかりませんが、「YA*M-AT.O」のような文字と文字の間にわざと記号を入れたりしています。
何かのカモフラージュでしょうか。迷惑メールと分別されにくい方法なのでしょうか?
ほかにも、「同窓会のお知らせ」「教えて電気さん 電力自由化」「業務連絡」「店長」(遅刻ですよ、といった文から始まります)「アドレス変更しました」といった紛らわしいものがあります。
よくあるのは、当選したからお金をあげる、とか、お金をもらってください、とか。
それから「昨日は楽しかった」というメールが着て、その後、「連絡届いた?」と着て、その後、「もしかしたら間違えて届いた?」とくるのもあります。
ほとんどがZIP形式のファイルが添付されています。
とにかくメールのなかにあるファイルを開かせようとするわけです。
「なんだろう?」とか、親切に人違いですなんてファイルから返信しようとしないのが大事です。

« 幸福実現党演説の聴衆から幸福の科学の会員数を考える その1 | トップページ | 幸福実現党演説の聴衆から幸福の科学の会員数を考える その2 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/66279399

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマト運輸を装った不審メール出回る 添付ファイルを開かないよう注意:

« 幸福実現党演説の聴衆から幸福の科学の会員数を考える その1 | トップページ | 幸福実現党演説の聴衆から幸福の科学の会員数を考える その2 »

最近の記事

無料ブログはココログ