« だから民進党は笑われる | トップページ | 幸福の科学・大川隆法氏の霊言なるものは批判されて当然かを考える その2 »

2016年6月15日 (水)

次期都知事は

舛添都知事が辞任するとなって、
次の都知事に誰がふさわしいか、なってほしいか、なるのか、ってマスコミでは話題にしています。
「橋下徹」氏の名前も。
ところで、橋下氏は大阪府知事として、どのような実績をあげましたか?
なんか職員・教職員の労働組合を目の敵にしてもめていた印象が強いのですが。
職員・教職員の労働組合と戦うのもいいのですが、それによって、大阪府がどうなったのかが大事と違いますか。
ケンカが目的ではなく、ケンカから得た結果は何かです。
それで大阪府がどうなったのか、ここです。
「改革」って言って、ただ壊すだけならば「破壊」です。
そもそも本人は政界引退って明言したのに、また担ぎ出すのですか?
次に、
「小池百合子」氏。
よく「政界渡り鳥」って言われる人ですね。
世渡り上手というのか、自分の利になるほうへとなびくのが上手な方ですね。
そもそもこの人が都政をどうしたいのか、全く聞こえてきません。
そもそも小池氏に何を期待したらいいのかさっぱりわかりません。
それに、舛添氏を担いで、安倍晋三氏なんて舛添氏の応援演説で「舛添さんしかいないではありませんか」なんて力説してこのザマ。
保証付きのようにして、応援した自民党と公明党が、それを忘れたフリをして、またも都知事選で出てくること自体が違和感があります。
自民党も公明党も反省して、次期都知事選は自粛するのが筋っていうもの。
それからアイドルグループ「嵐」の桜井翔さんの父親「桜井俊」氏の名前も出ていますね。
桜井氏は事務次官で間もなく退官が決まっているから、自民党が選挙に担ぎ上げたいのでしょう。
総務大臣の高市早苗氏にインタビューをしたら、桜井氏のことを「お茶目」で「おもしろい」、そのあと、やっと「仕事がよくできる人」って。
それって褒め言葉ではありませんね。
テレビでそのインタビューを見たとき、面白いとかお茶目ってお笑い芸人でないんだからって思いました。
自民党議員が「嵐」も応援してくれないかと期待しているとのこと。
タレント候補はダメだって、石原氏まで入れると3代続いて、自民党は不作だったではありませんか。
また、知名度に頼ろうとする。まったく自民党は懲りていません。
桜井氏を知る高市早苗氏からすれば、いかに褒めるところがないのかっていうところ。
「お茶目」「面白い」、そんな印象・言葉が先に出てくるようではたかが知れています。
そこらにいる官僚と言いたいのでしょうか。
それから自民党議員の「丸川珠代」氏の名前も。
本人に聞いたら、大臣の職に専念しているので、そんなことは意識していないと。
本人に聞くだけ無駄。
そんな器なのでしょうか。
「石原慎太郎」氏の名前も。
石原氏だって舛添氏に負けずに公私混同が問題。
登庁だって週に2日ほどというのです。
なんか政策をぶちあげて、マスコミや都民をそちらに目を向けさせて、公私混同をしていました。
批判をさせないアクの強さが石原氏にはありました。
舛添氏に凝りたはずなのに、石原氏ってどういう選択でしょう。
それから、石原慎太郎氏の息子の「石原伸晃」氏。
何故この人の名前が出てくるのか、それさえ意味不明としか言いようがありません。
 
 

« だから民進党は笑われる | トップページ | 幸福の科学・大川隆法氏の霊言なるものは批判されて当然かを考える その2 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/66031237

この記事へのトラックバック一覧です: 次期都知事は:

« だから民進党は笑われる | トップページ | 幸福の科学・大川隆法氏の霊言なるものは批判されて当然かを考える その2 »