« 「これが池田大作先生が思い描いた世界なのか」三宅洋平の選挙フェスで創価学会員が安倍政権と公明党に怒りのスピーチ | トップページ | 三宅洋平氏、当選圏内入りか? »

2016年7月 9日 (土)

選挙権という選択権さえ持っていない子どもたちのためにも、大人たちは選挙権を使おう

安倍政権下で激増するメディアへの抗議 池上彰VS原寿雄

参院選でも向うところ敵なしの安倍政権下でメディアへの「言論統制」が強まっている。ジャーナリストの池上彰氏、原寿雄共同通信社元社長が昨今のメディアのへたれぶりを一喝した。

原 日本人記者の根性には「お上の話を承る」という姿勢が昔からある。それが克服できていない。

池上 その傾向は年々強まっています。最近までは権力を持つ側は「メディアに圧力をかけてはいけない」というのが共通認識でした。政治家も、メディアから批判されたからといって、いちいち文句を言ってくることはなかった。「権力は抑制的であるべきだ」と考えられていたからです。だから、たまに権力欲のある政治家がメディアに介入する発言をすると、大騒ぎになった。ところが、安倍政権になってからは、
自民党はおもなニュース番組をすべて録画して、細かい部分まで毎日のように抗議し、訂正を求め、注文をつけてくる。すると、テレビ局は「面倒くさい」となる。対応が大変で、次第に「文句を言われない表現にしようか」となってしまうのです。

原 トラブルが面倒になったら、ジャーナリズムは後退しますよ。「この権力野郎!」というぐらいの気持ちで仕事をし、その結晶で報道が生まれるようでないとダメです。

池上 ある番組で、安倍首相の映像がテレビで流れている時に、技術的なミスで違う映像が入ってしまったことがありました。すると「安倍政権を貶めようとしている」と言わんばかりに抗議が来るわけです。
明らかに技術担当者のスイッチミスで、番組でも訂正と謝罪をしているにもかかわらずです。私が特定秘密保護法についてテレビで批判的な解説をした時も、すぐに役所から「ご説明を」と資料を持ってやってきた。こういうことが日常的にあるわけです。

原 私の現役時代はあまりなかったですね。覚えているのは編集局長時代、文部大臣自ら来て、私が言い分を聞いて帰ってもらったことぐらい。
池上 第1次安倍政権(06~07年)の時に、メディアへの抗議が増えたんです。ところが、安倍さんが辞めた後にパタリとなくなりました。福田政権、麻生政権、民主党政権の時は抗議が大量にくるようなことはなかった。それが第2次安倍政権(12年~)になって復活しました。
原 問題はメディア側にある。弱者に強く、強者に弱くなった。自分たちは読者・視聴者のために仕事をしていると思っていれば、政治家や役人、企業などからくる圧力とは断固として戦い、押し返せるものです。 

※「緊急復活 朝日ジャーナル」より抜粋
(以上、転載了)
安倍自民党はマスコミ(メディア)を規制して、「公平」の名で、不利な情報を流させないようにする。
まるで戦前・戦中の日本ではないか。
「言論統制」、この言葉そのものである。
安倍氏らのやっていることは日本に住む99%の人にとっては生きるのが「窮屈」で「不安定」で「不安」で「危険」になることだ。
それを「愛国」とか「美しい国」とか「成長」とか「成長の果実」とか、そういう言葉のオブラートで毒薬をくるんで、国民に呑ませようとしているんだって気づこうよ。
もういい加減、私たち国民、無関心で騙されてばかりでは、選挙権という選択権さえまだ持っていない子どもや、これから産まれてくる子どもたちに申し訳ないよ。
大人たちがせめて投票で、少しでもこの国をいい国、暮らしやすい国にしようとしなければ、子どもたちに申し訳ない。

« 「これが池田大作先生が思い描いた世界なのか」三宅洋平の選挙フェスで創価学会員が安倍政権と公明党に怒りのスピーチ | トップページ | 三宅洋平氏、当選圏内入りか? »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/66420318

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙権という選択権さえ持っていない子どもたちのためにも、大人たちは選挙権を使おう:

« 「これが池田大作先生が思い描いた世界なのか」三宅洋平の選挙フェスで創価学会員が安倍政権と公明党に怒りのスピーチ | トップページ | 三宅洋平氏、当選圏内入りか? »

最近の記事

無料ブログはココログ