« 日本人が何気なく多用する「合掌」本当の意味 | トップページ | 生活保護受給者叩きはやめよう その2 »

2016年8月24日 (水)

生活保護受給者叩きはやめよう その1

(この記事は書いている途中のものですが、現時点までのものを公開します。随時加筆していきますので、何度かご覧ください。)
実名を挙げましょう。
なぜならば、彼女は国会議員なのに一私人の実名を挙げて、それを利用して生活保護受給者叩きをしたのですから。
彼女の名前は「片山さつき」氏。
以前、片山氏はお笑い芸人の親族が生活保護を受給をしていることを実名を挙げて、生活保護の不正受給だと国会で問題にしました。
いくらこのお笑い芸人がテレビなどに出演していても私人に過ぎません。
ところで、生活保護の不正受給者は実際にはごくわずかです。
そのごくわずかな不正をあたかも蔓延している問題かのように煽った片山氏。
その片山氏をたたえる声が国民の一部からあがりました。
でも、待ってください。
国会議員の仕事は一私人の実名を晒すことではありません。
もし不正受給があるならば、個人名を世間に晒すのではなく、不正受給ができないように法整備をするのが仕事です。
つまりは仕事でないことをあたかも仕事であるかのようにやったわけです。
それに同調する一部の人々もどうかしています。
仕事でないことを仕事のように振る舞ってやったことですから、そんな片山氏に「それはあなたの仕事でない」と、なぜ思わないのでしょうか。
そして、ここには片山氏には隠れている別の目的がありました。
それは、あたかも生活保護制度=悪のようなイメージをつくって、生活保護制度を「不正の温床」「国税の無駄遣いの温床」であるかのように思わせ、そして、生活保護の支給額を減らす方向へと向かわせるていったのです。
その先には、生活保護の支給額を下げることで、生活保護制度に頼らざるを得ない人たちの生活をますます困窮させるだけでなく、多くの国民の給与水準を下げる効果をもたらしていくのです。
生活保護の受給額を下げることで、給与水準をそれに近づけて、あたかもバランスがとれたかのように装うという巧妙なトリックがあるのです。
「働くよりも生活保護を受給したほうが多く得られるということは、給与水準が低い」という不満をそらせるために、生活保護の支給額を低い給与水準よりも減らすことで、その低い給与水準があたかも高くなったように思わせる「錯覚」です。
その結果、いわゆるワーキング・プア、低所得者層を増やしてしまうのです。
ワーキング・プアの所得を増やす施策をとらずに、生活保護の支給額を減らすことで、ワーキング・プアの不満を軽減しようとしたのです。
それなのに、国民の一部は片山氏に煽られたかのようにして、生活保護受給者を非難するのです。
ここでよく考えてほしいのは、あえて「強者」「弱者」と分けて考えるならば、自分自身が絶対的な「強者」であるのか、つまり生活保護とは将来も何ら関係のない絶対的に安定した「富裕層」であるのか、低所得者にはならない保証があるのか、ということです。
よく使われる言い方をすれば「いわゆる99%」の人は、経済的に弱者の側になっているか、何らかの理由で経済的に弱者の側にまわることも有り得る状況にあります。
それなのに、弱者や準弱者、弱者予備軍、潜在弱者である自分よりも弱い立場や境遇に置かれた人をたたく構図になっているのです。
弱者の間で対立や相互不信感が広がることは、強者である支配階層にとっては、弱者層の分断化になるのですから、弱者層を支配しやすくなるのです。
学校の日本史の授業で、「江戸時代、農民や町人を支配するために、それよりも身分の低い差別される階層をつくり、農民や町人に優越感をもたせて、支配しやすくしていった」といったことを習いませんでしたか。
つまりは、農民や町人も支配されているのに、彼らの差別の対象をつくることで、支配者への不満をそらせたのです。
(つづく)

« 日本人が何気なく多用する「合掌」本当の意味 | トップページ | 生活保護受給者叩きはやめよう その2 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

まともに仕事をしない議員と公務員にもの申す。神戸、大阪市は様々な改革を進めているのでまだまとも。京都市の腐敗ぶりはもっと根が深い。醍醐東市営住宅は一応立て前は公開抽選に当選しないと入居できない事になっているが老朽化したコンクリートブロック住宅を建て替える際先ず醍醐中市営住宅を5棟を新築しそこに全世帯入居させた。そこで終わらず、その少し上の丘陵地に醍醐東市営住宅を20棟新築した。その醍醐東市営住宅に一旦中市営住宅に入居して1年半程度しか住んでいない世帯を数件再入居させるという裏技を使った。引越しの度にかかる引越し費用は全て京都市の公費つまり税金である。その東市営住宅には京都市の元正職員が住む。団地の約半分の世帯がペットを飼育。偽装の精神疾患や障害者が殆どその人間達に共益費や駐車場代金を集金させそのうちの4割程度を助成金等と称して一部の人間達に手渡していた。表向きは団地住民の為に使うという事になってはいるが領収書等の報告義務はないので一部の人間にわたる。これら政務活動費を偽宗教法人に垂れ流した市議が庇護する地域での出来事。他にも生活保護を受給し続けベンツ2台所有し山科区に家を建て古い家財道具を公費で処分させた女。深夜に床を鈍器のようなもので殴り続け階下女性宅へ騒音を出す女、偽装障害者は出かける時だけ車椅子に乗り普段は共用廊下に置きっぱなし、犬の予防接種も無料、偽装女は20年以上生活保護を受給し車を所有し週末になると男が出入りし男の黒の大型車は団地の駐車場の来客用スペースにに堂々と止めている。そしてシラをきれるようあらゆる不正不法行為は閉庁後に行われている。それらを黙認しているのはそれらを取り締まるべき筈の市職員も地区出身者が殆どで指定職と呼ばれる係長以上の職員もこの地区出身者が突出している。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/67159671

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護受給者叩きはやめよう その1:

« 日本人が何気なく多用する「合掌」本当の意味 | トップページ | 生活保護受給者叩きはやめよう その2 »