« こんな記事が「幸福実現党、大川隆法総裁へ捜査波及の可能性も 本部に家宅捜索」 その2 | トップページ | PCラボ、これでいいのか その2 »

2016年8月18日 (木)

PCラボ、これでいいのか その1

PCショップ「PCデポ」高齢者相手の高額サポートで批判 月々1万5000円、契約解除に20万円

 

ネット上ではPCデポに対する批判が相次いでいます。※追記

PCの修理・販売などを行うショップ“PC DEPOT”(以下PCデポ)について、Twitterユーザーのケンヂさん(@kenzysince1972)が「80過ぎの独居老人である父が、PCデポに毎月1万5千円の高額サポート契約を結ばされてました。解約に行ったら契約解除料10万円を支払わされました」とレシートの画像付きで投稿。このツイートは1万5000RTを超えるなど広く拡散され、ネット上にはPCデポに関する批判が相次ぐなど、炎上状態となっています。

 ケンヂさんはその後も契約書の画像を次々とツイート。月額5000円の「ファミリーワイドプラン」というサポートサービスを軸に、さまざまなオプションサービスを付けることで、月々の支払い料金は約1万5000円にまで達していたようです。また、各サービスはいずれも36カ月単位での申し込みになっており、途中解約すると利用期間に応じた契約解除料金が発生する仕組み。このためファミリーワイドプランで6万2081円、オプションのコンテンツとして契約していた日経ビジネス(月額1200円)は3万4800円、東洋経済(月額1000円)は2万9000円など、合計で約20万円にも及ぶ契約解除料金が発生していました(その後ケンヂさんが法外な金額に激怒したため、最終的には半分を店側が負担し、ケンヂさんが10万円を支払う形に)。

 ケンヂさんにTwitterで問い合わせたところ、父親は高齢で、契約内容について十分に理解していなかったそう。その後PCデポ本社から連絡があり、現在は契約内容の詳細や、解約料20万円の明細などをあらためて確認してもらっている段階とのことでした。



 このことに関し、Twitterには「消費者センターに相談するべき」「やり口が詐欺紛い」などPCデポに対する批判が続々と投稿される事態となり、PCデポはサイト上に「弊社サービスに対するインターネット上のご指摘について」と題する謝罪文も発表。「ご理解・ご納得いただけるように働きかけをしてまいる所存です」など契約者と家族に対して何らかの対応を行うことを示唆しています。

PCデポ 弊社サービスに対するインターネット上のご指摘について(PC DEPOTのサイトより


 PCデポ側にも問い合わせを行ったところ、今回の契約内容や今後の契約者への対応について「ネット上をお騒がせして申し訳ないと思っている」と謝罪。契約内容については「個人の契約になるため、公表は差し控える」としながらも、「今回は高齢の方との契約だったため、最大限配慮するべきだった」とコメントしています。

 PCデポは今回の炎上により、東証一部の株価値下がり率で1位になるなど株価が急落(17日11時30分時点)。PCデポの今後の対応には、大きな注目が集まっています。



追記

 その後PCデポ側が「使用状況にそぐわないサービス提供があった」と謝罪、今後は75歳以上の契約解除を無償にするなどの対応を発表しました(関連記事)。



契約内容など

PCデポ レシートには「ケイヤクカイジョリョウ」の文字が

PCデポ サポートプランの中でももっとも高額な「ファミリーワイドプラン」に契約

PCデポ オプションでiPad air(16GB)も購入していたそうですが、家には見当たらなかった、とケンヂさん

PCデポ 契約していたサービスの明細。これは一部?

PCデポ 月々1万4245円の請求が来ていたようです

PCデポ 解約料20万円の詳細(1)

PCデポ 解約料20万円の詳細(2)

PCデポ 解約料20万円の詳細(3)

PCデポ サポート料金以外に、光回線の契約もあったようです

画像提供 ケンヂ(@kenzysince1972)さん
(以、「ねとらぼ」より転載 了)
PCラボ側の釈明が「インターネット上をお騒がせして申し訳ございません」って、ネット上を騒がせたことが、今回の問題なのでしょうか?
まったく、この企業は問題の本質が分かっていません。
適正なサービスを顧客に提供し、その対価も適正であったのか、そのために顧客に適正な対価を得るための説明をきちんとしたのかが、先ずは問題ではないですか。
月々15000円程度がこの顧客から得る適正な対価だったのか、そして、解約料が20万円。これも適正だったのかです。
それで、PCラボは、「理解と納得をいただけるように」とありますが、それならば、説明しても理解ができず、納得できないでいる顧客の家族に責任があるようにも聞こえるのです。
正直、PCラボはPC関連で商売しているのに、ネット上が「炎上」したら営業に影響が出ることの恐ろしさに疎かった。ここがこの企業の悲しさに思えます。
PCなどの「セキュリティー」対策もやっている企業なのに、自社の「セキュリティー」対策がまったくできていなかったということです。

« こんな記事が「幸福実現党、大川隆法総裁へ捜査波及の可能性も 本部に家宅捜索」 その2 | トップページ | PCラボ、これでいいのか その2 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/67060183

この記事へのトラックバック一覧です: PCラボ、これでいいのか その1:

« こんな記事が「幸福実現党、大川隆法総裁へ捜査波及の可能性も 本部に家宅捜索」 その2 | トップページ | PCラボ、これでいいのか その2 »

最近の記事

無料ブログはココログ