« 大川隆法氏、幸福実現党本部への家宅捜査について出版 その1 | トップページ | 公明党・茅ケ崎市議、電車内で女性の尻を触った疑い 現行犯逮捕 »

2016年8月 9日 (火)

大川隆法氏、幸福実現党本部への家宅捜査について出版 その2

(前回につづく)
大川隆法氏は幸福実現党本部への家宅捜査を受けて、エドガー・ケーシー霊のリーディングなるものを書籍化させましたが、『やや日刊カルト新聞』によると、その本の要旨は以下のようです。
 
(以下、『やや日刊カルト新聞』さまの記事より転載)
 
・麻生太郎副総理が安倍晋三首相に提案し、参院選前から幸福実現党の選挙違反を警察に監視させていた

・公明党が改憲に賛成してくれるかどうかわからないので、自民党としては公明党の機嫌を取るために幸福実現党を抑えたいと考えていた

・自民党自身、幸福実現党が力をつけることを阻止したかった

・党本部への家宅捜索にGOサインを出したのは菅義偉官房長官である

・菅官房長官は、自民党に反旗を翻して都知事選に立候補し圧勝した小池百合子都知事を、背後で幸福の科学が支援していたのではないかと疑っている

・菅官房長官の目的は、党本部への家宅捜索でその証拠を押さえて、そのネタをマスコミにリークして小池知事を辞任に追い込むことである

(以上、転載了)

つまりは、よく言われる「謀略説」「陰謀論」です。

自民党の陰謀によって幸福実現党がはめられた、と言いたいようです。

それも、自民党は小池百合子氏を辞職させようとして幸福実現党をはめた、と言いたいようです。つまりは自民党の陰謀の攻撃対象は幸福実現党ではなく小池百合子氏だ、と。

しかし、少し考えると、いくつものおかしいことに気づきます。上記に転載した各要旨を一つ一つ見ていきたいと思います(転載部分は太字にしています)。

・麻生太郎副総理が安倍晋三首相に提案し、参院選前から幸福実現党の選挙違反を警察に監視させていた

名称は「幸福実現党」ですが、そもそも一人の国会議員もいない政党要件もない政治団体を何のために陥れようとしたのでしょうか?

しかし、この字面だけを読むと、幸福実現党に選挙違反があったことは認めつつ、ただ警察に監視されていたということは主張したいのでしょうか。

・公明党が改憲に賛成してくれるかどうかわからないので、自民党としては公明党の機嫌を取るために幸福実現党を抑えたいと考えていた

これは、公明党の支持母体の創価学会にとってライバルが幸福の科学という前提での話です。

幸福の科学に創価学会からライバル視されるほどの信者(会員)が多くいればの話です。

以前からそうですが、幸福の科学は創価学会を一方的にライバル視していますが、創価学会から相手にされたことがあるのか、その根拠を示してもらいたいものです。

つまり、一方的にライバル視しケンカをうっているものの相手にされていないのが実際ではないですか。

・自民党自身、幸福実現党が力をつけることを阻止したかった

これも幸福の科学に多くの信者数がいて、それなりの数の国会議員を当選させている、そして、国会での論戦で自民党が幸福実現党にやり込められている。こういう実績・実力があればの話です。

こうした実績も実力もない幸福実現党という一人の国会議員もいない政党要件さえない政治団体を自民党が脅威に感じる理由がありません。

もしかしたら、幸福実現党の政策が出ると自民党が困ると理屈を立ててくるかも知れません。しかし、それも国会議員が少なくてもいるという実績があって成り立つ話です。

譬えるならば、柔道を始めたばかりで試合で成績も出したことのない人が、全国クラスの大会で優勝をしている選手と目が合わなかったのは「相手が自分のことを脅威に思って目を合わせようとしなかった」と言っているような話です。

(長文になりそうなので、次回につづく)

« 大川隆法氏、幸福実現党本部への家宅捜査について出版 その1 | トップページ | 公明党・茅ケ崎市議、電車内で女性の尻を触った疑い 現行犯逮捕 »

幸福の科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/66898052

この記事へのトラックバック一覧です: 大川隆法氏、幸福実現党本部への家宅捜査について出版 その2:

« 大川隆法氏、幸福実現党本部への家宅捜査について出版 その1 | トップページ | 公明党・茅ケ崎市議、電車内で女性の尻を触った疑い 現行犯逮捕 »

無料ブログはココログ