« IR法案衆院通過 公明は7年ぶり自主投票 党議拘束外し揺らぐ政党本位 | トップページ | 公明党・漆原良夫議員の発言に思う »

2016年12月14日 (水)

幸福の科学発アイドルグループはどうなった?

幸福の科学も「幸福の科学グループ」とも称しているように、宗教だけでなく、政治団体・幸福実現党、出版社・幸福の科学出版、学校法人・幸福の科学学園、また私塾、霊園の経営や葬祭業、そして芸能プロダクションまで持っています。
これは想像ですが、大川隆法氏は宗教者でなく、経営者としても成功したいと思い、そのなかで多角経営に乗り出しているのでしょう。
もちろん幸福の科学側は、人々を教え救済するためにいろいろなことをしていると位置づけるのでしょう。
さて、幸福の科学は芸能プロダクションも持ち、その代表に大川氏の長男が就任。
そのプロダクションからアイドルユニット「アンジュエル」を誕生させることになりました。
アイドルに詳しい方からは、ハロープロジェクトが運営しているユニット「アンジュエム」の名前をもじったのではないか、酷似しているとの声もネットで飛び交いました。
ちなみに私は、もう一つ「トーンジュエル」というアイドルユニットの名前にも酷似していると思っています。
新宗教や幸福の科学の動向に関心のある方は、宗教団体がアイドルをつくったということに興味をおぼえ、アイドルファンのなかには、どういうスタイルのアイドル活動をするのだろうという興味も出てくるのでしょう。
そのことはすでに、このブログで一報を伝えましたが、さて、その後どうなったかです。
情報を集めたところ、3点動向があったようです。
一つは、2016年12月7日に幕張メッセで行われた「エル・カンターレ祭」に合わせて、このアイドルユニットのお披露目があるはずが延期になったとのこと。理由は明らかにされていません。
二つ目に、当初発表された時点では6人のユニットだったはずが、1人脱退しているというのです。
三つ目に、ユニットのメンバーはTwitterで、それぞれツイートを発信しているのですが、大川氏の著書を読むのを勧めたりしています。
ここは私の想像ですが、あまりに最初から宗教色を前面に出しているので、他のアイドルユニットとの共演は難しいでしょう。ですから、教団行事で出演するとか、幸福の科学の信者が経営する企業のイベントに出演するか、また、幸福の科学学園やHSUの学園祭などの行事で出演するか、幸福実現党のイベントなどに出演するか、とにかく出演する場が限られてしまうでしょう。

« IR法案衆院通過 公明は7年ぶり自主投票 党議拘束外し揺らぐ政党本位 | トップページ | 公明党・漆原良夫議員の発言に思う »

幸福の科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/68838011

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の科学発アイドルグループはどうなった?:

« IR法案衆院通過 公明は7年ぶり自主投票 党議拘束外し揺らぐ政党本位 | トップページ | 公明党・漆原良夫議員の発言に思う »