« 民進党がカジノ法案に反対、当たり前のこと | トップページ | 12月8日 »

2016年12月 2日 (金)

民進党がカジノ法案に反対を表明したらネット上では

民進党がカジノ法案に反対の表明をしたら、ネットのヤフコメ(ヤフーコメント)には、それだったらパチンコを規制せよ、といった意見が結構ありました。
私自身は、ここは錯覚してはならない場面だと思います。
その錯覚とは、パチンコを規制するか否かと、カジノを日本でやることを合法化して推進することとは別のことだということです。
つまりパチンコとカジノを混同して、カジノを民進党は反対だというならばパチンコを規制せよという理屈は通らないと思います。
私は何もパチンコを肯定しているとかではありません。
ただ、日本には競馬、競輪、ボートレース、そしてパチンコがあるのに、その上にカジノまで合法化し推進することに懸念するのです。
保守系の方は、このカジノ推進の流れによくも反対しないものだと思います。
簡単にいえば、賭博を観光産業の一環だとして国までそれを後押ししようという話です。
たとえば、江戸時代、宿場町に賭場があり、それも娯楽の一つだったのでしょう。
でも、それはヤクザが胴元になって、ひっそりと賭場を開いていたのです。
それを国が堂々と賭場をつくらせ、それを観光産業の一環だのと言っていることには呆れます。
すると、マカオなどの例を持ち出して、経済成長に有効だと反論もあるでしょう。
ただ、博打を国が後押しして、それで財政が潤えばいいだの、企業が潤えばいいだのと、そういう日本は国柄なのでしょうか?

« 民進党がカジノ法案に反対、当たり前のこと | トップページ | 12月8日 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/68674911

この記事へのトラックバック一覧です: 民進党がカジノ法案に反対を表明したらネット上では:

« 民進党がカジノ法案に反対、当たり前のこと | トップページ | 12月8日 »