« 昭和6年初版!創価教育学体系 第2巻がヤフオクで131000円で落札される | トップページ | 元ブラック企業部長が実現した残業ゼロ施策 »

2017年1月18日 (水)

小田原市役所職員いかれているのか?

上着に「生活保護なめんな」 小田原市職員が世帯訪問で着用

カナロコ by 神奈川新聞 1/18(水) 6:30配信    

 小田原市の生活保護担当職員が、ローマ字で「保護 なめんな」などとプリントしたそろいのジャンパーを作成、受給世帯の訪問時など勤務中に着用していたことが17日、分かった。市は「職員の連帯感を高揚させるために作成した」と釈明する一方、「不適切な表現」として着用を禁止した。

 ジャンパーは黒色で、左胸に「保護 なめんな」とのローマ字や「悪」の字に×印を重ねたエンブレムが、背面には「SHAT」(生活・保護・悪を撲滅する・チーム)の文字と「私たちは正義だ」「不正受給をし 市民を欺くのであれば 私たちはあえて言おう 彼らはカスだと」などを意味する英文が黄色でプリントされている。

 市によると、2007年7月、受給者が窓口で職員3人を切りつけるなどした傷害事件が発生。職員の連帯感を高揚させようと当時の係長が中心となってジャンパーを作り、これまでケースワーカーら計64人が自費で購入したという。

 市は、「悪」のマークを「不正受給といった悪は許さないという意思表示」、「なめんな」を「市役所内部に『頑張っているんだ』と訴える」メッセージと説明。「自分たちの自尊心を高揚させ、疲労感や閉塞(へいそく)感を打破するための表現だった」とし、外部向けではないと強調した。

 当初は死亡した単身の受給者宅を片付ける際など職員のみの作業での着用を想定していたが、異動で職員が入れ替わるうちに外出時にも着用するケースが増えていったという。

 市は不適切な表現に気付かなかったとして、福祉健康部長以下7人を厳重注意とした。会見した日比谷正人部長は「市民に不快な思いをさせた」と謝罪。加藤憲一市長も「市民に誤解を与えることのないよう、指導を徹底する」とのコメントを出した。

(以上、転載了)

2007年に起きた生活保護受給を止められた男性によってカッターナイフで2人の市役所職員が切り付けられた事件をきっかけに、職務に高揚感をもたせるために、ジャンパーを作ったって言い訳していますが、こんなジャンパーを着て、生活保護を受給している家庭を訪問していること自体が人権侵害です。

こんなジャンパーを着た職員がいたら、この家庭は生活保護を受給していると広報しているようなもので、まったく悪意としか思えません。

すると、たとえばヤフーコメントでは、生活保護を不正受給している人がいるから、こういうジャンパーを着て仕事をしても問題がない、と反論する声も多いようにみえます。

では、不正受給はどれだけあるのでしょうか?

0.5%程度と言われます。

つまりは0.5%の不正受給者をもって、本当に生活保護を必要にしている人まで叩く理由にはなりません。

生活保護制度や生活保護受給者を0.5%の不正受給者をもって批判・非難する根拠にはできないのです。

そもそも生活保護というのは憲法25条の生存権で保障された国民の当然の権利であり、国家・行政の国民・市民に対する当然の義務なのです。

生活保護は恩賜や恩寵、思し召しといったものではありません。

生活保護を受給して当然の状態にある人・家庭が受給の相談や申請をしにくい環境にあることが問題です。

こんなジャンパーを着た職員に受給の相談や申請がしづらいことを職員らはわかっていません。

不正受給を取り締まるといっては受給を必要とする人を保護することへの配慮に欠けた、いわば職務怠慢です。

そもそも彼ら職員の職務は警察官のような職務とは違うのです。

ジャンパーに、正義は我にあり、といったことが書いていますが、正義を振りかざし人を裁くのは彼らの職務ではありません。

よくいう「上から目線」ではありませんか。生活保護の受給を我々が差配できるという権力者的な発想になり、そこに上下関係をつくってしまっているのです。

生活保護を受給する人、家庭を不正受給しているのではないのかという姿勢で取り締まるようにしていること自体が市民を敵視・蔑視しているとしか言いようがありません。

処分が厳重注意で済む話ではありません。

だったら、教員が「校則を破る生徒はクズだ」とプリントしたジャンパーを着て授業をしていても厳重注意で済むのかって話。

こんな人が生活保護の担当だとして市民を威嚇・敵視して、それが仕事だといっていること自体がおかしいです。

だったら、ジャンパーではなく、いっそのことこんなジャンパーを着ていた職員はジャンパーの柄を入れ墨でもしたらいいのです。

この時代に公務員がこんな人権侵害を平然と行っていたことに驚くばかりです。

小田原市民のみなさん、こんな人たちを市民のみなさんの税金で公務員として雇い続けるのですか?

 

« 昭和6年初版!創価教育学体系 第2巻がヤフオクで131000円で落札される | トップページ | 元ブラック企業部長が実現した残業ゼロ施策 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/69286795

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原市役所職員いかれているのか?:

« 昭和6年初版!創価教育学体系 第2巻がヤフオクで131000円で落札される | トップページ | 元ブラック企業部長が実現した残業ゼロ施策 »