« 謹賀新年 | トップページ | アイドルがファンからのプレゼントをメリカリに出品 »

2017年1月 4日 (水)

幸福の科学の2017年の大黒天発願供養式典

2017年1月2日、幸福の科学の東京正心館(東京都港区高輪)で行われた大黒天発願供養式典での話。
知人の幸福の科学の信者の方の話によると、2017年は、大川隆法氏は『伝道の法』という著書を出す。それに伴って、今年はいろいろな伝道を通じて、世界伝道を推進するとのこと。
その話の中で「芸能伝道」という言葉を使っています。
今、いわゆる地下アイドルのファンの一部で話題にのぼった幸福の科学の非公認アイドルグループ「アンジュエル」の話(このアイドルグループについては何度かこのブログで取り上げていますので、そちらもお読みください)かと思い、それを聴いたら、アイドルグループについての話は全く出てこなかったとのことでした。また、そのアイドルグループの紹介や歌の披露もなかったとのことでした。
では、「芸能伝道」とは何を指すのかと思い、その内容を聴いたら、
一つは、幸福の科学の芸能プロダクションからタレントを輩出し、そのタレントがテレビなどで活躍することを目指す。タレントに才能があれば宗教の壁を乗り越えられると話があったとのこと。
二つ目に、映画『君のまなざし』を今年も初夏あたりに公開するとのことで、その映画に、幸福の科学総裁の長男で芸能プロダクションの代表取締役も務める大川宏洋氏も主役で演じるとのこと。
発表した人は、映画『君の名は』をライバル視しているようだったそうです。
それにしても、映画のタイトルが似ているといえば似ていますが。
三つ目に、「劇団新星」という劇団を立ち上げ、演劇(舞台)にも大川宏洋氏が主役で演じるとのこと。
劇の内容は、三国志をモチーフにしながら、新解釈をしたものだそうです。
ところで、大川宏洋氏が清水建設を退職して教団に戻ってやりたかったことは、歌手や俳優だったのでしょうか。
毎年、「植福」と幸福の科学でいっている献金は、これまで大学建設や、エル・カンターレ生誕館の建設といった絞った目的を出して集めていましたが、今年は、目的を絞るとそこに集中して他の「植福」が減るということで、今年は「世界伝道推進」のためとして「植福」を募るそうです。
それから政党活動も伝道の一環であるといった話でした。
 

« 謹賀新年 | トップページ | アイドルがファンからのプレゼントをメリカリに出品 »

幸福の科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/69109775

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の科学の2017年の大黒天発願供養式典:

« 謹賀新年 | トップページ | アイドルがファンからのプレゼントをメリカリに出品 »

最近の記事

無料ブログはココログ