« こんなんで共謀罪成立でいいのか | トップページ | 議会制民主主義を否定する安倍首相 »

2017年4月27日 (木)

今村「前」復興大臣、人としてどうなのか

大震災「東北で良かった」今村大臣“失言”総理謝罪

テレビ朝日系(ANN) 4/25(火) 18:56配信

 今村復興大臣がまたも不適切発言です。

 今村復興大臣:「(社会的資本の毀損も)25兆円という数字もあります。これは、まだ東北で、あっちの方だったからよかった。これがもっと首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)な、甚大な額になったと思う」
 今村大臣は、自らが所属する派閥のパーティーの講演で、東日本大震災の被害についてこのように発言しました。今村大臣は、直後に「首都直下地震に、守りを固めなければという趣旨だった」としたうえで、発言を撤回し、謝罪しました。直後にあいさつに立った安倍総理大臣も謝罪をしましたが、今村大臣を巡っては、福島の原発事故による自主避難者について「自己責任」と発言したことが問題になり、撤回・謝罪したばかりでした。
(以上、転載了)
今村前復興大臣の発言、いや暴言をテレビで知って、自民党の体質そのものではないかと思いました。
今村氏のこの暴言の前や直後の釈明を聞くと、震災による経済的損失の話をして、(経済的損失が首都圏で震災が起きた場合に比べては少ない)東北でよかった、首都圏ならばもっと損害が大きいと本人は言いたかったのでしょうか。
でも、経済的損失の大小で、東北でよかったとはならないのです。
被災者にとっては、震災で家や土地、職、財産を失った人も多いのです。まして、命をなくした方も多いのです。
それを首都圏で震災が起きた想定での経済的被害額や被災者数に比べること自体がおかしいとしか言いようがありません。
そもそも復興大臣の職とは東日本大震災の被災地の復興、被災者の支援です。
なんで東日本大震災を引き合いに出して、首都圏での震災の話になるのか、全くもって意味不明です。
街頭のインタビューで高校生くらいの女の子が、当時の今村復興大臣について、
「人としてどうかしていると思う」と。
まさにその通りです。

« こんなんで共謀罪成立でいいのか | トップページ | 議会制民主主義を否定する安倍首相 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/70393787

この記事へのトラックバック一覧です: 今村「前」復興大臣、人としてどうなのか:

« こんなんで共謀罪成立でいいのか | トップページ | 議会制民主主義を否定する安倍首相 »