« 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その1 | トップページ | 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その3 »

2017年5月29日 (月)

前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その2

赤っ恥、読売は前川会見をどう報じたのか? ちりばめられた官邸擁護

 官邸に“いい子いい子”をしてもらおうとしっぽをふりすぎて、満天下に恥をさらしてしまった読売新聞。いったいどのツラ下げてこの会見を報じるのか。今朝の同紙朝刊を読んでみたら、まったく反省なし。記事にはしていたものの、あいかわらず、官邸側に立っているのがミエミエだったのだ。

 まず、一面の見出しからして〈総理の意向文書「存在」文科前次官加計学園巡り〉のあとに〈政府は否定〉と付け加える気の使いよう。3面では〈政府「法的な問題なし」〉としたうえ、〈文科省「忖度の余地なし」〉の見出しをつけ、官邸の圧力を否定にかかったのである。

 もっとも、その根拠というのは、学部新設の認可審査は〈議事録も非公表で、不正が入り込む余地は少ない〉などと、なんの反論にもなってないもの。この間、前川前次官が証言した加計文書だけでなく、森友学園問題などでも、圧力を物語る証拠がどんどん出てきていることを無視しているのである。

 さらに、社会面では、自分たちが報じたことを一行も触れず、会見の中身を使うかたちで、例の「出会い系バー」通いに言及した。

 悪あがきとしか言いようがないが、こうした態度は読売だけではない。読売系のテレビ番組も“前川証言”には消極的で、露骨なまでに安倍政権の顔色をうかがう姿勢を示していた。

 それは昨日から始まっていた。他局は「週刊文春」の前川氏独占インタビューを受け、一斉にこの問題を報道。インタビュー済みだったTBSもこの時点で前川氏のインタビュー映像を放送していた。

 ところが、日本テレビは、午前の情報番組『ZIP!』『スッキリ!!』では加計学園の話題を一切無視、かろうじて『NNNストレイトニュース』が国会での民進党と松野一博文科相のやりとりをベタで触れたのみ。

 午後になっても、やはりストレイトニュースのコーナーで『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)が国会質疑を受けてアリバイ的にやっただけで、夕方の『news every.』でようやく他局も中継した前川氏の会見の模様を報じるという体たらく。夜の『NEWS ZERO』も、テレビ朝日の『報道ステーション』やTBSの『NEWS23』よりも明らかに見劣りする内容で、政治部の富田徹記者が前川氏が会見を開いた理由について「安倍政権への怒りこそが大きな理由と見られます」と解説するなど“私怨”を強調すらした。

 もはや、読売はグループをあげて“安倍政権の広報機関”と化していると断言してもいいだろう。いったいいつのまに、こんなことになってしまったのか。

(以上、LITERAから転載 つづく)

« 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その1 | トップページ | 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その3 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/70705100

この記事へのトラックバック一覧です: 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その2:

« 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その1 | トップページ | 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その3 »

最近の記事

無料ブログはココログ