« 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その4 | トップページ | 本田圭佑が若者の自殺に「政治のせいにするな」と理不尽説教!蔓延る自己責任論…曽野綾子はいじめ自殺まで責め立てる その1 »

2017年5月29日 (月)

前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その5

森友学園問題でも官邸擁護、“忖度新聞”は民主主義の敵だ

 森友学園報道を露骨に避けていたことも忘れてはならない。実際、朝日新聞(東京版)が森友学園をめぐる国有地問題を初めて紙面で取り上げたのは今年の2月9日だったが、一方の読売(東京版)は同月18日で、実に1週間以上もの開きがある。しかも、この読売の記事のタイトルは「国有地売却に首相関与否定」というもので、これまた安倍政権側に立ち、文字数わずか200字弱のベタ記事だった。

 また、初めて社説で森友問題を扱ったのは、朝日が2月22日、毎日が同月23日に対して、読売は同月28日とかなり遅い。傑作なのが3月の籠池泰典理事長(当時)証人喚問翌日の社説のタイトル。全国各紙を比較してみるとこんな感じだ。

朝日「籠池氏の喚問 昭恵氏の招致が必要だ」
毎日「籠池氏喚問 関係者の説明が必要だ」
日経「真相解明にはさらなる国会招致がいる」
産経「籠池氏喚問 国有地売却の疑問とけぬ」
読売「籠池氏証人喚問 信憑性を慎重に見極めたい」

 何をか言わんや、である。現在の読売が、いかにかつての“中道右派のエスタブリッシュメント”的な紙面づくりを放棄しているか、よくわかるというものだ。なぜ、こんなことになってしまったのか。数々のスクープを手がけた元読売新聞記者・加藤隆則氏は、スタジジブリが無料で配布している小冊子「熱風」2016年4月号でのジャーナリスト・青木理氏との対談で、最近の読売をこのように分析している。

「だんだん官僚的になって、事なかれ主義になっている。今の政権にくっついていればいいんだと。それ以外のことは冒険する必要はなく、余計なことはやめてくれと。これは事実だからいいますけど、読売のある中堅幹部は、部下に向かって『特ダネは書かなくていい』と平気で言ったんです。これはもう新聞社じゃない。みんなが知らない事実を見つけようという気持ちがなくなった新聞社はもう新聞社じゃないと僕は思います」
「この新聞社にいても書きたいことは書けなくなってしまった。そういう新聞社になってしまったということです。社内の人間は多くが息苦しさを感じている。(略)でも辞められない。生活もありますから。だからみんな泣く泣く、やむなく指示に従っている」

 森友学園、加計学園問題でバズワードとなっている“忖度”が、読売新聞社内でも疫病のように流行っている。暗澹たる気持ちになるのは、安倍首相と独裁的トップのほうばかりを向き、政権擁護を垂れ流して、さらには謀略にまで加担してしまうこの新聞が、いまだ発行部数第1位であるという事実。民主主義にとって、極めて有害としか言いようがない。

(以上、LITERAから転載 了)

« 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その4 | トップページ | 本田圭佑が若者の自殺に「政治のせいにするな」と理不尽説教!蔓延る自己責任論…曽野綾子はいじめ自殺まで責め立てる その1 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/70705155

この記事へのトラックバック一覧です: 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その5:

« 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その4 | トップページ | 本田圭佑が若者の自殺に「政治のせいにするな」と理不尽説教!蔓延る自己責任論…曽野綾子はいじめ自殺まで責め立てる その1 »

無料ブログはココログ