« 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その3 | トップページ | 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その5 »

2017年5月29日 (月)

前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その4

池上彰も「これがはたしてきちんとした報道なのか」と苦言

 たとえば昨年では、「今世紀最大級の金融スキャンダル」といわれたパナマ文書問題で、読売新聞は文書に登場する日本の企業名や著名人の名前を伏せて報じた。また、沖縄で起きた米軍属による女性殺害事件も他紙が詳細を報じているにもかかわらず、米軍関係者の関与については容疑者が逮捕されるまでは一行も触れていなかった。いずれも、政権にとってマイナスにならないようにとの配慮ではないかとみられている。

 まだまだある。安保報道における読売の明白な「偏向」ぶりは、あの池上彰氏をして、「安保法制賛成の新聞は反対意見をほとんど取り上げない。そこが反対派の新聞と大きく違う点です。読売は反対の議論を載せません。そうなると、これがはたしてきちんとした報道なのかってことになる」(「週刊東洋経済」15年9月5日号/東洋経済新報社)と言わしめたほどだ。

 事実、15年5〜9月の間の朝日、毎日、読売、産経においてデモ関連の記事に出てくるコメント数を比較すると、朝日214、毎日178に対して、なんと読売はたったの10。産経の11より少なかったという(一般社団法人日本報道検証機構調べ)。ちなみに、安保関連の細かいところでは、安倍首相が蓮舫議員に対し「まあいいじゃん、そんなこと」というヤジを飛ばしたことがあったが、読売新聞はこのヤジ問題を全国紙で唯一報じなかった。

 さらには世論調査までもが、“安倍首相に捧げる”世論操作の様相を呈している。たとえば15年7月24〜26日実施の読売全国調査では、〈安全保障関連法案は、日本の平和と安全を確保し、国際社会への貢献を強化するために、自衛隊の活動を拡大するものです。こうした法律の整備に、賛成ですか、反対ですか〉などと、安倍政権の主張をそのまま質問文に盛り込んだ誘導質問を展開。集団的自衛権閣議決定の14年には、〈集団的自衛権71%容認 本社世論調〉なる記事を出したが、これも調査で人々が心理的に選びがちな「中間的選択肢」をあえて置き、回答を誘導したとしか思えないものだった。

(以上、LITERAより転載 つづく)

« 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その3 | トップページ | 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その5 »

政治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/70705109

この記事へのトラックバック一覧です: 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その4:

« 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その3 | トップページ | 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に!読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 その5 »

無料ブログはココログ